新加坡推出第一辆空中汽车,预计明年登陆美国

2019-05-13 21:07

五十多年前一部《摩登家庭》首次预言人类未来可以驾驶空中飞车,自那之后,科幻电影中各种类型的空中飞车层出不穷。
近年来随着城市扩张,交通压力的日益紧张。于是,全球有不少厂商将目光投向了飞行汽车这一领域。虽然有人至今仍在怀疑飞行汽车的可行性,但不少知名人士已经在全球各种创新大会上为这种未来交通方式站台背书了。
新加坡自主研发空中汽车
新加坡起步公司新翔宇航(Neo Aeronautics)就成功研发出新加坡首辆可自行操作的空中汽车了,这是新加坡第一次自主研发的空中汽车。
然而,由于新加坡法律规定,空中汽车的服务暂时无法在本地推出。预计明年率先登陆美国旧金山,之后扩大到美国其他城市。
这个飞机不需要飞行执照,也不需要飞机经验,普通人也能够操作。
真有一天面世了你敢开吗?
如果驾驶者不舒服还有自动降落模式
那么,在新加坡就真的不可以驾驶飞车了吗?其实早在2018年10月,德国飞行科技初创企业“Volocopter”就已经宣布将从2019下半年起在新加坡试飞无人驾驶“空中出租车”。
据悉,这款“空中出租车”共设有18个螺旋桨,可以像直升机一样垂直起降并顺畅地绕过高楼大厦,适应城市的拥挤环境。
“出租车”最高负重为160公斤,可供大约两名乘客使用,航程约30公里。
2017年9月,“空中出租车”就已经在迪拜进行无人试飞,“Volocopter”之后加以改良降低其在飞行时发出的噪音。而2019年在新加坡的试飞主要测试“空中出租车”在不同环境下的性能。

空中出租车

English version

More than 50 years ago, a "Modern Family" first predicted that human beings could fly in the air in the future. Since then, various types of aerial vehicles in science fiction movies have emerged one after another.
In recent years, with the expansion of the city, traffic pressure has become increasingly tense. As a result, many manufacturers around the world have turned their attention to the field of flying cars. Although some people still doubt the feasibility of flying cars, many well-known people have already endorsed this future mode of transportation at various innovation conferences around the world.
Singapore self-developed aerial car
Singapore's start-up company, Neo Aeronautics, has successfully developed Singapore's first self-propelled aerial vehicle, the first self-developed aerial vehicle in Singapore.
However, due to Singapore law, air car services are temporarily unavailable locally. It is expected to land in San Francisco next year and expand to other cities in the United States.
This aircraft does not require a flight license, nor does it require aircraft experience, and ordinary people can operate it.
Do you dare to open it one day?
If the driver is uncomfortable, there is an automatic landing mode.
So, is it really impossible to drive a speed car in Singapore? In fact, as early as October 2018, the German flight technology startup "Volocopter" has announced that it will test unmanned "air taxis" in Singapore from the second half of 2019.
It is reported that this "air taxi" has a total of 18 propellers, which can take off and land vertically like a helicopter and smoothly bypass high-rise buildings to adapt to the crowded environment of the city.
The "taxis" has a maximum load of 160 kilograms and can be used by about two passengers with a range of about 30 kilometers.
In September 2017, the “Air Taxi” had already been unmanned in Dubai, and the “Volocopter” was later modified to reduce the noise it emitted during the flight. The test flight in Singapore in 2019 mainly tested the performance of "air taxis" in different environments.

新加坡飞行出租车

日本語版

50年以上前、「現代の家族」は最初に人間が将来空中を飛ぶことができると予測し、それ以来、サイエンスフィクション映画の中で様々なタイプの航空機が次々と登場してきました。
近年、都市の拡大に伴い、交通圧力はますます緊張しています。その結果、世界中の多くの製造業者は、飛んでいる車の分野に注意を向けてきました。まだ飛んでいる車の実現可能性を疑う人もいますが、世界中のさまざまな技術革新会議で、この未来の交通手段をすでに多くの著名人が支持しています。
シンガポール自社開発の空中車
シンガポールの新興企業Neo Aeronauticsは、シンガポール初の自走式航空機であるシンガポール初の自走式航空機を開発しました。
しかし、シンガポールの法律により、空路でのサービスは一時的に現地ではご利用いただけません。来年サンフランシスコに上陸し、米国の他の都市に拡大すると予想されています。
この航空機は飛行免許証を必要とせず、また航空機の経験を必要とせず、そして一般の人々はそれを操作することができる。
あなたはいつかそれを開こうとしますか?
運転手が不快な場合は、自動着陸モードがあります。
それで、シンガポールでスピードカーを運転することは本当に不可能ですか?実際、2018年10月という早い時期に、ドイツの飛行技術スタートアップである「Volocopter」は、2019年後半からシンガポールで無人の「航空タクシー」をテストすると発表しました。
この「航空タクシー」には合計18個のプロペラがあり、ヘリコプターのように垂直に離陸し、高層ビルをスムーズに迂回して街の混雑した環境に適応することができます。
"タクシー"は160キロの最大負荷を持っており、約30キロの範囲で約2人の乗客が使用することができます。
2017年9月、ドバイではすでに「エアタクシー」が無人化されていましたが、「ボロコプター」は後に飛行中に発せられる騒音を減らすために変更されました。 2019年のシンガポールでの試験飛行は、主に様々な環境での「航空タクシー」の性能を試験しました。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn