专利实锤:吉利真的已经投产飞行汽车了

2019-05-15 22:17

当大家还沉浸在新势力造车的酷炫外形以及车辆不断智能化的洗礼当中时,最近一辆非常酷炫的飞行汽车亮入小编的眼中,据称是吉利汽车旗下的Terrafugia特力飞行汽车。
吉利公布了其两座飞行汽车Transition量产车型的产品细节。第一款产品Transition在2018年10月份左右接受预订,首批用户将主要针对美国市场,2019年完成交付。据称该飞行汽车已经进入量产阶段,价值为130W左右,续航达到640KM。吉利目标在2020年实现产销300W辆。该飞机还具备陆空双模式,变身只要40秒。
谍照显示,该飞行汽车体型十分轻巧,总长6.02m、宽2.3m、高1.98m,车身采用轻量级的铝材质打造,整备质量仅有440kg,相比一般的轿车要轻太多了,同时有效载重可达210kg。它在陆地上作为一台电动车来行驶,搭配磷酸铁锂电池,采用吉利提供的电驱动技术,最大行驶速度为110km/h。
小编扒了扒吉利收购的这家国外公司的背景。成立于2006年的Terrafugia在2009年就发布了其第一款飞行汽车 Transition,并于3年后发布该车的迭代版,可实现空中续航640km,最高时速160km/h,机翼可折叠、可自动飞行等。
2017年11月,吉利集团全资收购了该公司。此前,吉利方面曾表示,Terrafugia公司的研发试制工作将保留在美国,生产或将放在中国。
小编忍不住好奇之心,扒了扒关于这家公司的相关专利。特力飞公司在中国申请专利使用的名称是特力飞车股份有限公司,于2014年在中国申请了一篇专利,该篇专利名为具有垂直起飞和固定翼巡航能力的组合的飞行/行驶车辆,专利于2015年12月2号公开,目前公开号为CN105121188A,该专利还处于实审状态,还没有进入授权。在针对选用Terrafugia公司名称的专利搜索的过程中,小编发现,该公司专利数量不算太多,但都是针对飞行车辆相关的专利,从2007年开始申请专利到2017年,目前共有18篇专利,合并同族之后,还有10篇专利,其中,在美国的申请有6篇,其中有4篇还在审中,有两篇专利进入授权状态,小编列出了Terrafugia公司申请的相关专利的情况供大家进行参考,并筛选出其中有特点的几篇专利跟大家解读这辆飞行汽车的特点所在。
下表列出了Terrafugia公司的相关飞行汽车的专利。

飞行汽车专利

专利技术亮点1:可折叠机翼飞机
有多篇专利都涉及到这架飞行车辆的折叠翼,其中比较典型的包括折叠翼根部结构的专利US12177862,该篇专利主要是针对折叠式飞机的翼的改进,且是一篇从其他公司转让过来的专利,主要是为了方便将飞行器的翼进行收纳,并可以进行双向折叠,以更紧凑,更少体积来收纳机翼的情况,从而方便车辆上路。
以及涉及折叠翼锁定机构的专利US12177849,该篇专利主要针对双折叠进行改进,主要提高了在该技术通过降低车辆的侧边区域在道路行驶中,提高了高风压中的安全条件;双折叠翼可以具有更大的跨度,允许可上路飞行器配合的配置在标准汽车停车空间。
上述的相关专利都是针对可飞行车辆的折叠翼的具体结构进行的相关申请。感兴趣的小伙伴可以戳相关专利号进行更细致的研读。
专利技术亮点2:折叠机翼飞机和集成缓冲器和照明
其中涉及的相关专利为US65034607主要针对车辆的设计进行改进。该车辆包括可变形的气动保险杠、嵌入式道路安全车辆照明和牌照、受保护的螺旋桨以及集成的RFID机场进入系统。 该飞行器可能被联邦航空局设计为轻型运动飞机。
专利技术亮点3:电子换挡组建用于双模式飞机及行驶车辆(该篇专利在中国有相关的同族申请,2019.1.4公开)
其中涉及的相关专利为US20170299049A1,该篇专利主要针对可飞行及行驶的车辆的两种形式,采用电子换挡组建来进行实现,包括调节为飞行模式的情况以及调节为车辆行驶模式的情况的两种形式是如何具体进行实现的。
专利技术亮点4:组合与垂直起飞和飞/驱动车辆固定-翼巡航能力(该篇专利在中国有相关的同族申请)
其中涉及该技术的相关专利为WO2014144001A2,该篇专利主要针对组合的飞行-行驶车辆,该车辆具有混合动力推进系统架构,集成了飞机的折叠翼以及车辆的独特的构造以及系统架构形式,并给出了多种实施例的实现方式,并且在实现这些新功能的基础上还具备高安全性及可靠性的运输模式。
从目前Terrafugia公司的专利申请来看,Terrafugia公司申请的专利并不多,但针对自己重点的几项技术,都进行了多个国家的申请,尤其是进行了美国、WIPO、欧洲等国家的专利申请,在中国也针对其中的相关技术进行了相关的专利申请。
据媒体的消息声称,该款车辆有望明年在美国进入市场并开始售卖,小编也大胆的设想下,在不久的将来,拥堵的交通情况催化我国也出现这种飞行类车辆的出现,来缓解交通的压力。

English version

When everyone is still immersed in the cool shape of the new forces and the intelligent and intelligent baptism of the vehicles, a very cool flying car recently appeared in the eyes of Xiaobian, alleged to be the Terrafugia special flying car of Geely Automobile. .
Geely announced the product details of its two flying car Transition mass production models. The first product, Transition, was accepted for booking around October 2018. The first users will be primarily targeting the US market and will be delivered in 2019. It is said that the flying car has entered the mass production stage, with a value of about 130W and a battery life of 640KM. Geely aims to achieve production and sales of 300W vehicles by 2020. The aircraft also has a dual mode of land and air, and it takes only 40 seconds to transform.
The spy photos show that the flying car is very lightweight, with a total length of 6.02m, width of 2.3m and height of 1.98m. The body is made of lightweight aluminum material, and the quality of the car is only 440kg, which is much lighter than the average car. At the same time, the effective load can reach 210kg. It is used as an electric vehicle on land, with lithium iron phosphate battery, using the electric drive technology provided by Geely, the maximum speed is 110km / h.
Xiaobian edited the background of the foreign company acquired by Geely. Founded in 2006, Terrafugia released its first flight transition in 2009, and released an iterative version of the car three years later. It can achieve an airborne life of 640km, a top speed of 160km/h, and a wing foldable. Automatic flight, etc.
In November 2017, Geely Group acquired the company wholly. Earlier, Geely said that Terrafugia's research and development work will remain in the United States, production or will be placed in China.
Xiao Bian couldn't help but curiosity and smashed the relevant patents about this company. The name of the company used for patent application in China is Teli Automobile Co., Ltd., and applied for a patent in China in 2014. The patent is a flight/driving vehicle with a combination of vertical take-off and fixed-wing cruising capabilities. It was published on December 2, 2015. The current publication number is CN105121188A. The patent is still in the state of trial and has not yet entered the authorization. In the process of searching for patents using the name of Terrafugia, Xiaobian found that the company's patents are not too many, but they are all patents related to flying vehicles. Since 2007, patents have been applied to 2017, and there are currently 18 articles. After the patent, after merging the same family, there are 10 patents. Among them, there are 6 applications in the United States, 4 of which are still under review, and 2 patents have been authorized. The small series lists the related patents applied by Terrafugia. The situation is for everyone's reference, and selects several patents with characteristics to explain the characteristics of this flying car.
The table below lists the patents of the related flying vehicles of Terrafugia.
Patented Technology Highlight 1: Foldable Wing Aircraft
There are a number of patents relating to the folding wings of this flying vehicle, of which the patent US12177862, which typically includes the structure of the folding wing root, is mainly for the improvement of the wing of the folding aircraft and is a transfer from other companies. The patents that come here are mainly for the convenience of accommodating the wings of the aircraft, and can be folded in both directions to accommodate the wing in a more compact and less bulky manner, thereby facilitating the vehicle to go on the road.
And the patent US12177849 relating to the folding wing locking mechanism, which is mainly for the improvement of double folding, mainly improves the safety condition in the high wind pressure in the road driving in the side area of the vehicle by reducing the side of the vehicle; double folding The wings can have a larger span, allowing the onboard aircraft to be fitted in a standard car parking space.
The above related patents are all related to the specific structure of the folding wings of a flightable vehicle. Interested partners can poke the relevant patent number for more detailed study.
Patented Technology Highlight 2: Folding wing aircraft and integrated bumpers and lighting
The related patents involved are US65034607, which mainly improves the design of vehicles. The vehicle includes a deformable pneumatic bumper, embedded road safety vehicle lighting and license plates, a protected propeller, and an integrated RFID airport access system. The aircraft may have been designed by the Federal Aviation Administration as a light sport aircraft.
Patent Technology Highlight 3: Electronic shifting is built for dual-mode aircraft and driving vehicles (this patent has related family applications in China, published in 2019.1.4)
The related patent is US20170299049A1, which is mainly for two forms of vehicles that can fly and travel, and is realized by electronic shifting, including two cases of adjusting to flight mode and adjusting to the driving mode of the vehicle. How the form is specifically implemented.
Patented Technology Highlight 4: Combination and Vertical Takeoff and Fly/Drive Vehicle Fixed-Wing Cruise Capability (This patent has related family applications in China)
The related patent related to this technology is WO2014144001A2, which is mainly for a combined flight-driving vehicle, which has a hybrid propulsion system architecture, integrates the folding wings of the aircraft, and the unique structure and system architecture form of the vehicle, and gives Implementations of various embodiments are provided, and in addition to implementing these new functions, a transportation mode with high security and reliability is also provided.
From the current patent application of Terrafugia, Terrafugia applied for a small number of patents, but applied for several countries for several technologies that focused on it, especially those in the United States, WIPO, Europe and other countries. In the application, relevant patent applications have been filed in China for related technologies.
According to media reports, the vehicle is expected to enter the market and start selling in the United States next year. Xiaobian also boldly envisages that in the near future, the traffic conditions of congestion will catalyze the emergence of such flying vehicles in China to ease Traffic pressure.

日本語版

みんながまだ新しい力のクールな形と洗練された洗練された洗練された洗練された車に没頭しているとき、最近非常にクールなフライングカーがXiaobianの目に現れました。 。
吉利は、その2つの飛行車トランジション大量生産モデルの製品詳細を発表しました。最初の製品であるTransitionは、2018年10月ごろに予約が受け付けられました。最初のユーザーは、主に米国市場をターゲットにしており、2019年に配信される予定です。飛行車は量産段階に入ったと言われており、その値は約130Wで、電池寿命は640KMです。 2020年までに300W車の生産・販売を目指す。航空機はまた土地と空気のデュアルモードを持っており、それは変換するためにわずか40秒かかります。
スパイ写真は、飛んでいる車は全長6.02m、幅2.3m、高さ1.98mと非常に軽量であることを示していますボディは軽量のアルミニウム素材でできており、車の品質は平均的な車よりもはるかに軽量です。同時に、実効荷重は210kgに達することがあります。それは吉利によって提供される電気駆動技術を使用して、リン酸鉄リチウム電池で、陸上の電気自動車として使用され、最高速度は110km / hです。
Xiaobianは、Geelyが買収した外資系企業の経歴を編集した。 2006年に設立されたTerrafugiaは、2009年に最初のフライトトランジションを発表し、3年後にこの車の反復バージョンを発表し、640kmの空中寿命、160km / hの最高速度、そして翼の折りたたみ式テーブルを達成することができます。自動フライトなど
2017年11月、Geely Groupは同社を完全買収した。以前に、GeelyはTerrafugiaの研究開発作業は米国、生産に残るか、または中国に置かれるであろうと言いました。
Xiao Bianは好奇心をそそるしかなく、この会社に関する関連する特許を粉砕しました。中国で特許出願に使用されている会社の名前はTeli Automobile Co.、Ltd.であり、2014年に中国で特許を出願されました。この特許は、垂直離陸と固定翼巡航機能を組み合わせた飛行/走行車両です。現在の発行番号はCN105121188Aで、特許はまだ試用中で、まだ承認を受けていません。 Xiaobianは、Terrafugiaの名前を使用して特許を検索する過程で、同社の特許はそれほど多くないが、それらはすべて飛行中の車両に関連する特許であることを発見しました。特許の後、同じファミリーを合併した後、10件の特許があり、そのうち4件は現在も審査中であり、2件の特許が承認されています。状況はみんなの参考のためであり、この飛行車の特性を説明するために特性を持ついくつかの特許を選択します。
以下の表は、Terrafugiaの関連飛行車両の特許をリストしています。
特許技術ハイライト1:折りたたみ式翼航空機
この飛翔体の折り畳み翼に関する多くの特許があり、そのうち代表的には折り畳み翼の根元の構造を含み、主に折りたたみ式航空機の翼の改良に関するものであり、他の会社からの移管である。ここに来る特許は主に航空機の翼を収容するための便宜のためのものであり、よりコンパクトでかさばらない方法で翼を収容するために両方向に折り畳むことができ、それによって車両が道路上を進むのを容易にする。
また、主に二つ折りの改善を目的とした折り畳み式ウイングロック機構に関する米国特許第12177849号は、主に、車両の側面を縮小することによって車両の側面領域における道路走行における強風圧力における安全条件を改善する。翼はより大きいスパンを有することができ、それにより、搭載されている航空機を標準的な駐車スペースに取り付けることが可能になる。
上記の関連特許はすべて飛行可能な乗り物の折り畳み翼の特定の構造に関するものである。興味のあるパートナーはより詳細な研究のために関連する特許番号を突くことができます。
特許技術ハイライト2:折りたたみ翼航空機と統合バンパーと照明
関係する関連特許はUS65034607で、主に自動車のデザインを改良しています。この車両には、変形可能なエアバンパー、埋め込まれた交通安全車両の照明とナンバープレート、保護されたプロペラ、および統合型RFID空港アクセスシステムが含まれています。この航空機は、連邦航空局によって軽量のスポーツ用航空機として設計された可能性があります。
特許技術ハイライト3:デュアルモードの航空機と駆動車両用に電子シフトが構築されています(この特許は、2019.1.4で公開された、中国での関連出願に関連しています)。
関連特許はUS20170299049A1であり、これは主に飛行と走行が可能な2つの形態の車両用であり、飛行モードへの調整と車両の運転モードへの調整の2つのケースを含む電子シフトによって実現される。フォームが具体的にどのように実装されているか。
特許技術ハイライト4:コンビネーションと垂直離陸とフライ/ドライブ車両固定翼クルーズ機能(この特許は、関連する中国でのファミリーアプリケーションを持っています)
この技術に関連する関連特許はWO2014144001A2であり、これは主に複合推進システムであり、ハイブリッド推進システムアーキテクチャを有し、航空機の折り畳み翼を統合し、車両の独特の構造およびシステムアーキテクチャ形態を与える。様々な実施形態の実装形態が提供され、これらの新しい機能を実装することに加えて、高いセキュリティおよび信頼性を有する輸送モードも提供される。
Terrafugiaの現在の特許出願から、Terrafugiaは少数の特許を申請しましたが、それに焦点を当てたいくつかの技術、特に米国、WIPO、ヨーロッパおよび他の国々にあるものをいくつかの国に申請しました。本出願では、関連技術について関連特許出願が中国に提出されている。
メディアの報道によると、Xiaobianは近い将来、渋滞の交通状況が中国でのそのような飛行中の車両の出現を促進し、緩和を促進すると大胆に予想しています。交通圧力

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn