票价70美元!电动出租车以每小时300公里的速度成功试飞

2019-05-18 22:12

一辆豪华的飞行汽车通过了最近一系列成功的飞行测试。
飞车:Lilium的喷气动力五座飞机将以每小时186英里的速度飞行。
经过几十年的失败起步,飞行汽车终于成为现实。德国初创企业Lilium推出了一款革命性的飞行出租车。该公司声称,垂直起降飞行汽车将在六年内成为我们天空中常见的景象。
这架电动喷气式五座飞机的设计时速可达186英里(300公里)。
虽然新型飞机的一个较小版本在2017年试飞,Lilium称其全尺寸原型机的首次试飞是一个“巨大的进步”。
自2015年成立以来,这家德国公司已经吸引了超过8700万英镑(1亿欧元)的投资。
Lilium还制定了雄心勃勃的目标,要在2025年前提供基于应用程序的超豪华空中出租车。
最新的模型,拥有一个飞行员和四名乘客的空间,是Lilium大规模生产模型的模板。
飞行汽车:Lilium将首次飞行描述为一个“巨大的进步”。
Lilium估计,如果有足够的经济规模,跨城市旅行的票价将大约是每人55英镑(70美元)。
联合创始人兼首席执行官丹尼尔维甘德(Daniel Wiegand)表示:“我们正朝着实现城市空中交通迈出又一大步。”
“百合战机本身很漂亮,我们很高兴看到它第一次飞上天空。”
除了垂直起降所需的36个电动喷气发动机外,飞行汽车的设计相对简单,被认为比竞争对手更安全、更便宜。
一旦升空,巡航所需要的动力仅相当于一辆电动汽车。
它的固定翼设计使Lilium喷气式飞机比无人机的竞争对手航程更长,后者在空中飞行时消耗的能源要多得多。
Lilium现在将通过严格的飞行测试为其新飞机申请认证,下一个里程碑是将飞机从垂直飞行无缝地转移到水平飞行。
飞车:Lilium估计票价约为每人70美元(55英镑)。
尽管许多人可能对Lilium的雄心壮志有所保留,一个任何人都可以随时随地飞到他们想去的地方的世界,Wiegand先生说公司正在努力满足社会对安静、绿色的城市航空旅行的需求。
该公司首席商务官雷默戈贝尔(Remo Gerber)表示,这架飞机发出的噪音约为直升机的20%。
他说:“你可以在人们居住的城市里使用这种电池,它完全是电动的,这是非常不同的。”
他补充称,推出基于应用程序的随需应变服务的雄心,并不意味着“进入每个花园”。
他接着说:“你将与世界各地的监管机构合作,与他们拥有的公共交通系统整合。“
“我们正在以一种尊重的方式思考人们如何生活,我们如何创造走廊,而不只是让这些东西布满天空。”
例如,戈贝尔表示,对于英国农村地区的人们来说,任何破坏都比建设HS2好:“你不必穿过他们可爱的乡村,你需要一个小小的起飞台,你就可以连接到整个国家。”
飞行汽车:垂直起飞需要36台电动喷气发动机。
与修建公路或铁路线相比,这只是成本的一小部分。
摩根士丹利(Morgan Stanley)的一项分析显示,到2040年,飞行出租车市场的价值可能达到1.5万亿美元,而世界各地正在开发其他许多电动垂直起降飞行器。
今年早些时候,点对点(Peer-to-peer)拼车公司优步(Uber)也推出了自己的概念车,而空中客车(Airbus)也在开发自主瓦哈纳(Vahana)飞机。
2018年,中国无人机制造商亿航有足够的信心用直升机形状的eVTOL搭载贵宾。

Lilium飞行汽车

English version

A luxury flying car passed a series of recent successful flight tests.
Flying: Lilium's jet-powered five-seat aircraft will fly at 186 miles per hour.
After decades of failure, the flying car finally became a reality. The German start-up company Lilium has launched a revolutionary flying taxi. The company claims that a vertical take-off and landing flight will become a common sight in our sky within six years.
The electric jet five-seater is designed for speeds of up to 186 miles (300 kilometers).
Although a smaller version of the new aircraft was tested in 2017, Lilium said the first test flight of its full-size prototype was a "great advancement."
Since its inception in 2015, the German company has attracted more than £87 million (100 million euros) of investment.
Lilium has also set an ambitious goal to provide an application-based ultra-luxury air taxi by 2025.
The latest model, with a space for pilots and four passengers, is a template for the Lilium mass production model.
Flying cars: Lilium described the first flight as a "great advancement."
Lilium estimates that if there is sufficient economic size, the fare for cross-city travel will be about £55 ($70) per person.
Co-founder and CEO Daniel Wiegand said: "We are taking another big step towards achieving urban air traffic."
"The lily fighter itself is very beautiful, and we are very happy to see it fly to the sky for the first time."
In addition to the 36 electric jet engines required for vertical takeoff and landing, the design of the flying car is relatively simple and is considered safer and cheaper than the competition.
Once lifted off, the power required for cruising is only equivalent to an electric car.
Its fixed-wing design makes the Lilium jet longer than the competitor's competitors, which consume much more energy when flying in the air.
Lilium will now apply for certification for its new aircraft through rigorous flight testing. The next milestone is the seamless transfer of aircraft from vertical flight to horizontal flight.
Flying: Lilium estimates that the fare is about $70 (£55) per person.
Although many people may have reservations about Lilium's ambitions, anyone can fly anywhere in the world where they want to go, Mr. Wiegand said the company is trying to meet the society's need for quiet, green urban air travel.
The company's chief business officer, Remo Gerber, said the aircraft emitted about 20% of the noise.
He said: "You can use this battery in the city where people live. It is completely electric, which is very different."
He added that the ambition to launch an application-based on demand service does not mean “going into every garden”.
He went on to say: "You will work with regulators around the world to integrate with the public transportation systems they own."
“We are thinking about how people live in a respectful way, how we create corridors, not just letting these things fill the sky.”
For example, Gobert said that for people in rural England, any damage is better than building HS2: "You don't have to go through their lovely countryside, you need a small take-off station, and you can connect to the whole country. ”
Flying cars: 36 electric jet engines are required for vertical takeoff.
This is only a small part of the cost compared to building a road or rail line.
According to an analysis by Morgan Stanley, the value of the flight taxi market could reach $1.5 trillion by 2040, and many other electric vertical take-off and landing vehicles are being developed around the world.
Earlier this year, Peer-to-peer carpooling company Uber also launched its own concept car, while Airbus is also developing its own Vahana aircraft.
In 2018, China's drone manufacturer Yihang Airlines had enough confidence to carry VIPs in helicopter-shaped eVTOL.

Lilium飞行出租车

日本語版

高級飛行車は最近成功した一連の飛行試験に合格した。
飛行:Liliumのジェット機を使った5人乗りの航空機は、時速186マイルで飛行します。
何十年もの失敗の後、ようやく飛んでいる車は現実のものとなりました。ドイツの新興企業Liliumが革命的な飛行タクシーを発売しました。同社は、垂直離着陸飛行が6年以内に私達の空の共通の視界になると主張している。
5人乗りの電動ジェット機は、最高186マイル(300キロメートル)の速度に対応するように設計されています。
新しい航空機の小型版は2017年にテストされたが、Liliumはそのフルサイズのプロトタイプの最初のテスト飛行は「大進歩」だったと述べた。
2015年の創業以来、ドイツ企業は8700万ポンド(1億ユーロ)以上の投資を集めています。
Liliumはまた、2025年までにアプリケーションベースの超高級タクシーを提供するという野心的な目標を設定しました。
パイロットと4人の乗客のためのスペースがある最新モデルは、Lilium量産モデルのテンプレートです。
フライングカー:Liliumは最初の飛行を「素晴らしい進歩」と表現しました。
Liliumは、十分な経済規模があるとすれば、都市間の移動料金は1人あたり約55ポンド(70ドル)になると推定しています。
共同創設者兼CEOのDaniel Wiegand氏は、次のように述べています。
「ユリの戦闘機自体はとても美しいので、初めて空に飛ぶのを見てとてもうれしい」
垂直離着陸に必要な36の電気ジェットエンジンに加えて、飛行中の車の設計は比較的簡単で、競争よりも安全で安いと考えられています。
リフトオフすると、巡航に必要な電力は電気自動車に匹敵するだけです。
その固定翼のデザインは、Liliumのジェット機を他社の競合他社よりも長くしています。
次のマイルストーンは、垂直飛行から水平飛行への航空機のシームレスな移動です。
飛行:Liliumは、運賃は一人当たり約70ドル(55ポンド)であると見積もっています。
多くの人々がLiliumの野望についての予約を持っているかもしれませんが、誰もが行きたいと思う世界のどこにでも飛ぶことができます、と同社が静かで、緑豊かな都会の空の旅のための社会の必要性を満たすことを試みている。
同社の最高経営責任者、Remo Gerberは、航空機が騒音の約20%を放出したと述べた。
彼は言った: "あなたは人々が住んでいる街でこのバッテリーを使用することができます。それは完全に電気です、それは非常に異なっています。"
彼は、アプリケーションベースのオンデマンドサービスを開始するという野心は「あらゆる庭に行く」という意味ではないと付け加えました。
彼は続けて言った: "あなたは彼らが所有する公共交通機関システムと統合するために世界中の規制当局と協力します。"
「私たちは、人々がどのように敬意を持って暮らしているのか、どのようにして廊下を作り上げるのかを考えています。これらのものを空に塗りつぶすだけではありません。」
例えば、ゴバート氏は、イングランドの農村部の人々にとって、どんな被害もHS2を建てるよりも優れていると言った。「あなたは彼らの美しい田園地帯を通過する必要はなく、あなたは小さな離陸ステーションが必要です。 」
フライングカー:垂直離陸には36基の電動ジェットエンジンが必要です。
これは、道路や鉄道を建設するのに比べて、ごくわずかな費用です。
Morgan Stanleyによる分析によると、フライトタクシー市場の価値は2040年までに1.5兆ドルに達する可能性があり、他にも多くの電動垂直離着陸機が世界中で開発されています。
エアバスも独自のVahana航空機を開発している間今年初めに、ピアツーピアのカープール会社Uberも独自のコンセプトカーを発売しました。
2018年、中国の無人機メーカーのYihang Airlinesは、VIPをヘリコプター型のeVTOLで運ぶのに十分な自信を持っていました。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn