Transcend Air为空中出租车建造环保的垂直起降飞机停机坪

2019-05-18 22:33

大约一年前,Transcend Air公司对外宣称其正在研发能够实现垂直起降的六座飞机Vy 400,可以在城市中心实现乘客的运输。现在,这家总部位于波士顿的公司已宣布计划为该飞机打造环保型停机坪。
被称为“vertiPads”的基于驳船的停机坪正在由Transcend和印第安纳州的Lily Helipads合作开发。根据Transcend的说法,这些停机坪将安装在靠近市中心的港口上 - 计划的地点包括波士顿港、曼哈顿海滨、蒙特利尔河滨和旧金山湾。
每个vertipad都将完全由太阳能供电,并将为已获得专利的LED起飞和着陆照明系统以及融化冰雪的加热系统供电。据报道,这些vertipad也将防撞击和防飓风,此外它们还将采用流体径流捕获系统,使除冰剂和燃料等液体不会进入水中。
不过最初的Vy 400飞机并不是电动的。“它们最初将由涡轮发动机驱动,使用SAJF(可持续替代喷气燃料),这是一种来自可再生能源的生物柴油/ Jet-A混合燃料,可将二氧化硫排放量减少80%,氮氧化物和二氧化碳减少20%,” Transcend首席运营官Peter Schmidt表示。“我们精心设计了这架飞机,这样当电力技术发展成熟后,我们就能实现电动化。”
该公司计划在2024年推出其空中出租车服务及垂直起降飞机停机坪 - 并且应该注意的是,Vy 400也将能够利用现有的传统直升机停机坪。

空中出租车服务

English version

About a year ago, Transcend Air announced that it was developing a six-seat Vy 400 that would allow for vertical take-off and landing, and that passengers could be transported in the city center. Now, the Boston-based company has announced plans to create an environmentally friendly apron for the aircraft.
The barge-based apron known as "vertiPads" is being developed by Transcend in collaboration with Lily Helipads of Indiana. According to Transcend, these aprons will be installed in ports close to the city centre - planned locations include Boston Harbor, Manhattan Waterfront, Montreal Riverside and San Francisco Bay.
Each vertipad will be fully powered by solar energy and will power the patented LED take-off and landing lighting systems as well as the melting and melting heating system. These vertipads are also reported to be anti-collision and hurricane resistant, and they will also employ fluid runoff capture systems that prevent liquids such as deicers and fuel from entering the water.
However, the original Vy 400 aircraft was not electric. “They will initially be powered by turbine engines using SAJF (Sustainable Alternative Jet Fuel), a biodiesel/Jet-A blend of renewable energy that reduces sulfur dioxide emissions by 80%, nitrogen oxides and carbon dioxide. A 20% reduction," said Peter Schmidt, chief operating officer of Transcend. “We designed this aircraft so that when the power technology matures, we can achieve electrification.”
The company plans to launch its air taxi service and VTOL apron in 2024 - and it should be noted that the Vy 400 will also be able to take advantage of the existing traditional helipad.

日本語版

約1年前、トランセンドエアは垂直離着陸を可能にする6人乗りVy 400を開発しており、乗客は市内中心部で輸送できると発表した。今、ボストンに拠点を置く会社は航空機のための環境に優しいエプロンを作成する計画を発表しました。
"vertiPads"として知られているはしけベースのエプロンは、インディアナ州のLily Helipadsと共同でTranscendによって開発されています。トランセンドによれば、これらのエプロンは市内中心部近くの港に設置される予定である - ボストンハーバー、マンハッタンウォーターフロント、モントリオールリバーサイド、サンフランシスコベイなどの予定されている場所。
各バーチパッドは太陽エネルギーによって完全に電力を供給され、特許取得済みのLED離陸および着陸照明システム、ならびに溶融および溶融加熱システムに電力を供給します。これらのバーチパッドはまた衝突防止とハリケーン耐性があると報告されており、それらはまた凍結防止剤や燃料のような液体が水に入るのを防ぐ流体流出捕獲システムを採用するであろう。
しかし、元のVy 400航空機は電気ではありませんでした。 「当初、二酸化硫黄の排出量を80%削減するバイオディーゼル/ジェットAの再生可能エネルギーであるSAJF(Sustainable Alternative Jet Fuel)、窒素酸化物、二酸化炭素を使用したタービンエンジンを搭載する予定です。トランセンドの最高執行責任者(CEO)であるピーターシュミット(Peter Schmidt)は、次のように述べています。 「私たちは、電力技術が成熟したときに私たちが電化を達成できるようにこの航空機を設計しました。」
同社は2024年にその航空タクシーサービスとVTOLエプロンを開始する予定です - そしてそれはVy 400も既存の伝統的なヘリポートを利用することができることに注意すべきです。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn