飞行出租车电力驱动

2019-05-18 22:40

汽车自1886年在德国诞生以来,彻底改变了人类生活的出行方式,逐渐成为使用频率最高的代步工具。但交通拥堵和环境污染等城市交通问题随之而来。
由此,人们将目光投向城市低空资源——“飞行汽车”应运而生。
日前,新加坡新翔宇航公司宣布,由该公司研制的“飞行汽车”已完成室内测试工作,将于明年下半年在美国投入运营。届时,人们乘“飞行汽车”上学、上班有望变为现实。
近年来,随着全球各大城市交通拥堵问题日益严重,“飞行汽车”这种可同时利用地面和低空资源的交通工具备受关注。业内人士认为,“飞行汽车”或将有效突破现有交通困局。美国、法国、德国等汽车和航空生产企业已率先研发和生产出了造型各异、风格不同的“飞行汽车”,并于2018年在瑞士日内瓦国际汽车展上首次亮相。
目前,“飞行汽车”尚无世界统一冠名和行业技术研发标准,各国研发生产处于八仙过海、各显神通阶段。美国、欧盟、日本和新加坡等纷纷加大科研经费和人才投入力度,相关产品已投入试验和实际应用,初步实现了“点对点、门对门”的通行。随着技术和产品不断推陈出新,人类有望迎来“飞行汽车”的应用时代。
历经百年的探索
“飞行汽车”也称作“空中汽车”“汽车飞行器”等,顾名思义,是指能在低空中飞行的新型汽车。它具有汽车地面行驶和飞机空中飞行两栖功能,是现代汽车生产技术与飞机制造高新技术的融合体。
“飞行汽车”从设想、设计、研发、生产、试验成功到初步应用,经历了漫长的过程。1917年,美国航空先驱、著名飞机设计师格伦·寇蒂斯第一次向人们展示了“飞行汽车”这种新型交通工具的原始雏形——一部三轮“飞行汽车”,虽然实现了一些短距离飞行式跳跃,但没有飞上天空。
20世纪40年代,美国福特汽车公司创办人亨利·福特鉴于汽车、航空技术的快速进步和发展,提出了“飞行汽车迟早会出现”的科学预言。20世纪50年代以后,国际汽车等领域开始了现代“飞行汽车”的研究活动。
20世纪80年代中期,“飞行汽车”研制在美国获得成功。一位名叫莫尔·泰勒的美国人将现代汽车与航空技术成功融合,生产出一种既能在地上跑,又能在空中飞行的“飞行汽车”,并获得政府有关部门签发的飞行许可证。然而,泰勒首创的“飞行汽车”装有比车身宽5至6倍的平直固定翼,在公路上行驶或起降时,会影响正常交通秩序,最终没有投入实际应用。
真正意义上的“飞跃”
直至2009年3月,真正意义上的世界首辆“飞行汽车”——“飞跃”在美国首次试飞成功。它可在15秒内从一辆有两个座位的公路汽车变身为一架飞机,并配有全球卫星定位系统、电子计算机自控系统以及卫星控制技术等高端科技装备;由于容易使用和维修,驾驶员无须掌握像飞机飞行员那样的高难驾驶技术;且加满油箱一次可飞行约800公里,飞行速度约为每小时185公里。
2010年7月,美国特拉弗吉亚公司制造的“飞行汽车”被美国航空主管部门允许投入商业性生产。日前,该公司经理卡尔·迪耶特里克透露,“他们已经收到数十个‘飞跃’新版的订单,每辆车售价预计为20万美元”。从长远来看,这种可节省大量时间的“飞行汽车”在不断降低成本的情况下,有可能打败普通汽车。
2015年2月,全球第一辆飞行折叠汽车问世——美国特拉弗吉亚公司又公布了一款名为“TerrafugiaTF-X”的概念飞车。该车采用插电式混合动力传动系统,设有4个座位,可像普通汽车一样驾驶,还可实现垂直起飞和着陆,飞行距离将超过800公里。但这款概念飞车的开发过程可能要持续8至12年。
2017年4月,斯洛伐克初创公司AeroMobil对外揭开其首款“飞行汽车”商用设计的神秘面纱,并发布了第一款商业飞行汽车。该公司表示,这款“飞行汽车”已做好接受预定的准备,预计在2020年交付使用。
2018年3月,荷兰PAL-V公司推出了最终量产版“飞行汽车”,并将在2019年上市,售价约为60万美元。该“飞行汽车”由碳纤维、钛和铝制成,重达680公斤,起飞时需要165米跑道。在陆地上驾驶时,其最高行驶速度可达160公里/小时;飞行状态时,最高飞行速度可达180公里/小时。统计显示,该“飞行汽车”最高飞行高度约为3352米,最远飞行距离约为563公里。
市场空间加速释放
对于很多汽车制造商来说,“飞行汽车”是不可错过的机遇。一旦在法律、安全技术、基础设施等方面获得进一步突破,“飞行汽车”潜在的庞大市场空间将加速释放,带动相关产业迅猛发展。
近几年,我国企业也开始关注“飞行汽车”。中国西安美联航空技术有限责任公司已率先研制出我国首架“MY-ABC”型飞行汽车。它采用固定翼设计,机翼可以折叠,可以乘坐两人,发动机动力强劲,并可以在水面起降,是一款三栖飞行汽车。
2017年,美国最大“飞行汽车”公司特拉弗吉亚被浙江吉利公司全资收购。2012年,特拉弗吉亚曾发布了第一款“飞行汽车”——“飞跃”的迭代版本车型,可实现空中续航640公里,以及机翼可折叠、可自动飞行等。而其量产版本在动力、加速、内饰、安全性和空中配套方面进行了全方位升级,包括混动引擎(磷酸铁锂电池)、飞行加速、更舒适的乘坐体验和更大的行李空间、安全带/气囊/三后视摄像头成像效果改进,以及引入飞行信息系统和降落伞系统。这一全球首款量产“飞行汽车”已于2018年10月开启预售,首批用户对美国开放。
值得关注的是,目前制约“飞行汽车”发展的因素仍有很多,主要包括:许多国家对此没有明确立法,无法确立“飞行汽车”身份和运行的合法性。而在相关运营和管理上,涉及道路交通、航空运输、城市管理、社会治理、人身财产安全等许多领域,是一个系统工程,需综合深入研究和探讨,只能稳妥慎重地一步步推进。此外,“飞行汽车”的设计全球尚无统一技术标准,外观造型、起降模式、飞行高度、飞行载荷、飞行速度、飞行距离、驾驶资质要求等不尽相同。并且,相关项目从研发到产出资金投入大、周期长、成本高、风险大。整体来看,“飞行汽车”尚在试验应用的初级阶段,近中期内只能提供“点对点、门到门”的特殊服务,尚不能广泛推广应用。
尽管“飞行汽车”还有许多不足,但现有研究成果和技术已经颇具规模,加之经济和科技发达国家的高度重视,以及智慧城市建设需求,“飞行汽车”大体上会经历与传统汽车类似的成长过程——技术上从无到有,消费市场由小到大。
而随着研发技术不断提升,以及应用安全和便捷性能日趋提高,“飞行汽车”可能成为继地面传统汽车、火车,空中飞机,海上舰船之后的第五种大众化出行方式和交通工具,最终进入千家万户。这不仅将缓解和解决城市道路交通拥堵问题,还可带动钢铁、电子、工业设计、自动化和网络技术等行业的发展,以及应用于救援、消防、地质勘查、旅游、探险等众多领域,发展前景广阔。

奥迪概念飞行汽车

English version

Since its birth in Germany in 1886, the car has completely changed the way people live, and has gradually become the most frequently used means of transportation. However, urban traffic problems such as traffic congestion and environmental pollution have followed.
As a result, people are turning their attention to the low-altitude resources of the city - "flying cars" came into being
Recently, Singapore’s Xinxiang Aerospace Co., Ltd. announced that the “flying car” developed by the company has completed indoor testing and will be put into operation in the United States in the second half of next year. By then, people will be able to become a reality when they go to school by "flying car" and go to work.
In recent years, with the increasing traffic congestion problems in major cities around the world, "flight cars", which can use both ground and low-altitude resources, have received much attention. The industry believes that "flight cars" will effectively break through the existing traffic dilemma. Automobile and aerospace manufacturers in the United States, France, Germany and other countries have taken the lead in the development and production of "flying cars" with different shapes and styles, and made their debut at the Geneva International Motor Show in Switzerland in 2018.
At present, there is no world-wide title and industry technology research and development standard for "flying cars". The R&D and production of various countries are at the stage of the Eight Immortals crossing the sea and showing their powers. The United States, the European Union, Japan and Singapore have increased investment in research funding and talents. Relevant products have been put into trial and practical application, and the "point-to-point, door-to-door" passage has been initially realized. As technology and products continue to evolve, humans are expected to usher in the era of "flight cars."
After a hundred years of exploration
"Flying cars", also known as "air cars", "car aircraft", etc., as the name implies, refer to new cars that can fly in low altitude. It has the amphibious function of car ground driving and aircraft air flight, and it is a fusion of modern automobile production technology and aircraft manufacturing high-tech.
The “flight car” has gone through a long process from conception, design, research and development, production, test success to initial application. In 1917, the American aviation pioneer and famous aircraft designer Glenn Curtis first showed the original prototype of the new type of "flight car" - a three-wheeled "flying car", although realized Some short-range flying jumps, but did not fly into the sky.
In the 1940s, Henry Ford, the founder of Ford Motor Company of the United States, put forward the scientific prediction that "the flying car will appear sooner or later" in view of the rapid progress and development of automobile and aviation technology. After the 1950s, research activities in modern "flying cars" began in the fields of international automobiles.
In the mid-1980s, the development of "flying cars" was successful in the United States. An American named Moore Taylor has successfully integrated Hyundai and aviation technology to produce a "flying car" that can run both on the ground and in the air, and is approved by the relevant government. certificate. However, Taylor's first "flying car" is equipped with a flat fixed wing that is 5 to 6 times wider than the body. When driving or taking off and landing on the road, it will affect the normal traffic order and eventually will not be put into practical use.
a real leap
Until March 2009, the world’s first “flying car” – “Leap” was successfully tested in the United States for the first time. It can be transformed into a plane from a two-seat road car in 15 seconds, and equipped with high-end technology such as global satellite positioning system, electronic computer control system and satellite control technology; due to ease of use and maintenance, The driver does not need to master the difficult driving skills like an airplane pilot; and the tank can fly about 800 kilometers at a time, and the flight speed is about 185 kilometers per hour.
In July 2010, the "flying car" manufactured by Trafgia Company of the United States was allowed to be put into commercial production by the US aviation authorities. A few days ago, the company’s manager, Carl Dieterick, said, “They have received dozens of new orders for ‘flying’, and each car is priced at $200,000.” In the long run, this “flying car”, which can save a lot of time, is likely to defeat ordinary cars with constant cost reduction.
In February 2015, the world's first flying folding car came out - the United States Trafgia Company announced a concept called "Terrafugia TF-X". The car uses a plug-in hybrid powertrain with four seats that can be driven like a normal car, as well as vertical take-off and landing, with a range of more than 800 kilometers. But the development of this concept car may last 8 to 12 years.
In April 2017, Slovak startup AeroMobil unveiled its first commercial design of the “Flying Car” and released the first commercial flying car. The company said that the "flight car" is ready to accept the booking and is expected to be delivered in 2020.
In March 2018, the Dutch PAL-V company launched the final production version of the "flying car", and will be launched in 2019, priced at about 600,000 US dollars. The "flying car" is made of carbon fiber, titanium and aluminum and weighs 680 kilograms. It takes 165 meters to take off the runway. When driving on land, the maximum speed can reach 160 km / h; in flight, the maximum speed can reach 180 km / h. Statistics show that the "flying car" has a maximum flying height of about 3,352 meters and a maximum flying distance of about 563 kilometers.
Market space accelerated release
For many car manufacturers, "flight car" is an opportunity not to be missed. Once further breakthroughs are made in law, safety technology, infrastructure, etc., the potential huge market space of “flying cars” will be accelerated and the related industries will develop rapidly.
In recent years, Chinese companies have also begun to pay attention to "flight cars." China Xi'an United Aviation Technology Co., Ltd. has taken the lead in developing China's first "MY-ABC" type flying car. It has a fixed-wing design, the wing can be folded, it can take two people, the engine is powerful, and it can take off and land on the water. It is an amphibious flying car.
In 2017, Trafgia, the largest "flying car" company in the United States, was acquired by Zhejiang Geely. In 2012, Trafgia released the first "flying car" - "flying" iterative version of the model, which can achieve 640 kilometers of air life, and the wing can be folded, can automatically fly. The production version has been upgraded in all aspects of power, acceleration, interior, safety and air support, including hybrid engine (lithium iron phosphate battery), flight acceleration, more comfortable ride experience and greater luggage space. , seat belt / airbag / three rear view camera imaging improvements, and the introduction of flight information systems and parachute systems. The world's first mass-produced "flying car" was opened in October 2018, and the first users were open to the United States.
It is noteworthy that there are still many factors restricting the development of “flying cars”, including: Many countries have no clear legislation on this, and they cannot establish the legality of the “flight car” identity and operation. In related operations and management, many fields, such as road traffic, air transportation, urban management, social governance, personal and property safety, etc., are a systematic project that requires comprehensive and in-depth research and discussion, and can only be promoted step by step. In addition, there is no uniform technical standard for the design of "flying car". The appearance, landing mode, flight altitude, flight load, flight speed, flight distance, and driving qualification requirements are not the same. Moreover, related projects have large investment from research and development to output, long cycle, high cost and high risk. Overall, the "flight car" is still in the initial stage of the test application. In the near-term, it can only provide "point-to-point, door-to-door" special services, which cannot be widely applied.
Although there are still many shortcomings in the "flight car", the existing research results and technology are already quite large. Coupled with the high attention of the developed countries in the economy and technology, and the demand for smart city construction, the "flying car" will generally experience similar to the traditional car. The process of growth - technology from scratch, the consumer market from small to large.
With the continuous improvement of R&D technology and the increasing application safety and convenience, “Flight Car” may become the fifth popular mode of travel and transportation after the traditional cars, trains, air planes and sea ships. Thousands of households. This will not only alleviate and solve urban road traffic congestion problems, but also drive the development of industries such as steel, electronics, industrial design, automation and network technology, as well as applications in rescue, fire protection, geological exploration, tourism, exploration, etc. broad.

日本語版

1886年のドイツでの誕生以来、自動車は人々の生活を一変させ、徐々に交通手段としても最もよく使われるようになりました。しかし、交通渋滞や環境汚染などの都市交通問題が続いています。
その結果、人々は都市の低高度の資源に注意を向けています -  "空飛ぶ車"が生まれました
最近、シンガポールのXinxiang Aerospace Co.、Ltd.は、同社が開発した「フライングカー」が屋内テストを完了し、来年後半に米国で運用されると発表した。それまでに、人々は彼らが「飛ぶ車」で学校に通って仕事に行くとき現実になることができるでしょう。
近年、世界中の主要都市で交通渋滞の問題が高まっているため、地上と低高度の両方のリソースを使用できる「フライトカー」が大きな注目を集めています。業界は、「フライトカー」が既存の交通のジレンマを効果的に乗り越えると信じています。アメリカ、フランス、ドイツ、その他の国々の自動車および航空宇宙産業の製造業者は、さまざまな形状やスタイルの「フライングカー」の開発と製造をリードし、2018年にスイスのジュネーブ国際モーターショーでデビューしました。
現時点では、「フライングカー」に関する世界的な称号および業界技術の研究開発基準は存在せず、各国の研究開発および生産は、海を渡ってその力を発揮するエイトイモータルの段階にあります。米国、欧州連合、日本、シンガポールは研究資金と才能への投資を増やし、関連する製品は試験的かつ実用的な用途に投入され、最初は「ポイントツーポイント、ドアツードア」の一節が実現されました。技術と製品が進化し続けるにつれて、人間は「フライトカー」の時代を迎えると期待されています。
百年の探査の後
その名が示すように、「エアカー」、「自動車用航空機」などとしても知られる「フライングカー」は、低高度で飛ぶことができる新しい自動車を指す。それは車の地上走行と航空機の飛行の水陸両用の機能を持ち、それは現代の自動車生産技術と航空機製造のハイテクの融合です。
「フライトカー」は、構想、設計、研究開発、製造、テストの成功から最初の適用までの長いプロセスを経てきました。 1917年、アメリカの航空のパイオニアで有名な航空機デザイナーのグレン・カーティスが最初に新しいタイプの「フライトカー」のオリジナルのプロトタイプを見せました - 実現されたけれども三輪の「フライングカー」いくつかの短距離飛行は飛ぶが、空に飛ばなかった。
1940年代に、米国のフォードモーターカンパニーの創設者であるヘンリーフォードは、自動車と航空技術の急速な進歩と発展の観点から、「飛ぶ車は遅かれ早かれ現れる」という科学的予測を提唱した。 1950年代以降、現代の「フライングカー」の研究は国際自動車の分野で始まりました。
1980年代半ばには、アメリカで「フライングカー」の開発が成功しました。ムーアテイラーというアメリカ人は、地上と空中の両方で走ることができて、関連する政府によって承認されることができる「飛ぶ車」を作り出すためにヒュンダイと航空技術をうまく統合しました。証明書しかし、テイラーの最初の「フライングカー」は、車体の5〜6倍の幅の平らな固定翼を装備しているため、運転中や離着陸時には通常の交通秩序に影響を及ぼし、実用化には至りません。
本当の飛躍
2009年3月まで、世界初の「フライングカー」 - 「Leap」が初めて米国でテストに成功しました。それは15秒で2人乗りのロードカーから飛行機に変換することができ、グローバル衛星測位システム、電子計算機制御システム、衛星制御技術などのハイエンド技術を装備しています;使いやすさとメンテナンスのために、運転手は飛行機の操縦士のような難しい運転技術を習得する必要はなく、タンクは一度に約800キロメートル飛ぶことができ、飛行速度は毎時約185キロメートルです。
2010年7月に、米国のTrafgia社によって製造された「フライングカー」は、米国の航空当局によって商業生産に供されることが許可された。数日前、同社のマネージャー、Carl Dieterick氏は、「彼らは、「飛ぶ」という注文を何十件も受け取っており、各車の価格は20万ドルだ」と述べた。長い目で見れば、多くの時間を節約することができるこの「飛ぶ車」は、一定のコスト削減で普通の車を打ち負かす可能性があります。
2015年2月、世界初のフライング折りたたみ車が発売されました - 米国のTrafgia Companyは「Terrafugia TF-X」と呼ばれるコンセプトを発表しました。自動車は普通の自動車のように運転することができる4つの座席を持つプラグインハイブリッドパワートレイン、ならびに800キロメートル以上の範囲で垂直離着陸を使う。しかし、このコンセプトカーの開発は8年から12年続くかもしれません。
2017年4月、スロバキアのスタートアップ、AeroMobilは、最初の商用デザインの「Flying Car」を発表し、最初の商用フライングカーを発売しました。同社は、「フライトカー」は予約を受け入れる準備ができており、2020年に配達される予定であると語った。
2018年3月、オランダのPAL-V会社は「フライングカー」の最終製品版を発売し、2019年に発売され、価格は約60万米ドルです。 「フライングカー」はカーボンファイバー、チタン、そしてアルミニウムでできており、680キログラムの重さがあり、滑走路を離陸するのに165メートルかかります。陸上で運転する場合、最高速度は160 km / hに達し、飛行中は最高速度は180 km / hに達することがあります。統計によると、「飛行中の車」の最大飛行高度は約3,352メートル、最大飛行距離は約563キロメートルです。
市場空間の加速リリース
多くの自動車メーカーにとって、「フライトカー」は見逃せないチャンスです。法律、安全技術、インフラなどでさらに突破口が開かれると、「フライングカー」という巨大な市場空間が加速し、関連産業が急速に発展するでしょう。
近年では、中国企業も「フライトカー」に注目し始めています。中国西安ユナイテッド航空技術有限公司は、中国初の「MY-ABC」タイプのフライングカーを開発しました。それは固定翼設計をしていて、翼は折りたたむことができます、それは二人を取ることができます、エンジンは強力です、そしてそれは離陸して水に着陸することができますそれは水陸両用飛行車です。
2017年には、米国で最大の "フライングカー"会社であるTrafgiaがZhejiang Geelyに買収されました。 2012年に、Trafgiaは最初の「フライングカー」をリリースしました - モデルの「フライング」反復バージョン、それは640キロメートルの空気寿命を達成することができて、そして翼は自動的に飛ぶことができます。量産バージョンは、ハイブリッドエンジン(リン酸鉄リチウム電池)、飛行加速、より快適な乗り心地、そしてより大きな荷物スペースを含む、パワー、加速、インテリア、安全性、そして航空支援のあらゆる面でアップグレードされています。 、シートベルト/エアバッグ/ 3リアビューカメライメージングの改善、およびフライト情報システムとパラシュートシステムの導入。世界初の量産「フライングカー」は2018年10月にオープンし、最初のユーザーはアメリカにオープンでした。
以下を含む「フライングカー」の開発を制限する多くの要因がまだあることは注目に値します。多くの国はこれに関する明確な法律を持たず、そして彼らは「フライトカー」のアイデンティティと操作の合法性を確立できません。関連する運営管理では、道路交通、航空輸送、都市管理、社会統治、個人および財産の安全などの多くの分野が体系的なプロジェクトであり、包括的かつ綿密な調査と討議が必要であり、段階的にしか推進できません。また、「飛翔車」の設計には統一された技術基準はなく、外観、着陸モード、飛行高度、飛行負荷、飛行速度、飛行距離、および運転資格要件は同じではありません。さらに、関連プロジェクトは研究開発からアウトプット、長周期、高コストおよび高リスクまで多額の投資をしています。全体として、「フライトカー」はまだテストアプリケーションの初期段階にあり、短期的には「ポイントツーポイント、ドアツードア」の特別なサービスしか提供できず、広く適用することはできません。
「フライトカー」にはまだ多くの欠点がありますが、既存の研究結果と技術はすでにかなり大きく、経済と技術における先進国の高い注目とスマートシティ構築の需要と相まって、「フライングカー」は一般的に伝統的な車と同じようになります。成長のプロセス - ゼロからの技術、小規模から大規模までの消費者市場。
研究開発技術の継続的な改善とアプリケーションの安全性と利便性の向上により、「Flight Car」は、伝統的な自動車、電車、飛行機、および海上船舶に次いで5番目に人気のある旅行および輸送モードになるかもしれません。数千世帯。これは都市の道路交通渋滞問題を軽減し解決するだけでなく、鉄鋼、エレクトロニクス、工業デザイン、自動化およびネットワーク技術などの産業の発展、ならびに救助、防火、地質探査、観光、探査などへの応用も推進します。広い。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn