从“量产交付”到“空中机场”在建,飞行汽车真的要来了?

2019-05-24 23:30

继网约车、微型交通工具、自动驾驶汽车后,下一个登场的,可能就是飞行汽车。
飞行汽车,顾名思义便是既能天上飞又能地上跑的汽车。当前,可能很多人会认为这只是未来式的幻想,但其实,飞行汽车已经在由概念阶段落地为现实,不少国家和企业都在为其实用化发展而努力。
其中,欧美在该领域展现出了一定的先发优势。在欧洲,飞机和汽车领域的代表企业已经联手,欧洲空客、德国奥迪以及意大利的设计公司联合推进了一个“Pop·Up·Next”飞行汽车计划,成功将具备自动驾驶功能的纯电动汽车与乘用型无人机结合了起来,并在2018年11月向全球展示了四分之一大小的试制机,未来10年内有望作为飞行出租车走向实用。
而在美国,以波音公司为代表企业也在积极推进飞行汽车的开发。2017年,波音收购了开发无人飞机的初创企业极光飞行科学公司;同时,公司还在内部成立了一个新部门“Boeing NeXt”,专门负责飞行汽车的研发工作;此外,波音还收购了收购航空技术公司Aurora Flight Sciences,计划于2020年在迪拜和达拉斯测试飞行汽车。
此外还有一批诸如Volocopter、Lilium Aviation等初创企业也纷纷入局,目前旗下的飞行汽车已经进入测试阶段。
而中国吉利汽车集团旗下的飞行汽车部门(收购的美国飞行汽车制造商Terrafugia)更是一马当先,已经开始对外销售飞行汽车,目前首批量产交付今年年底前将全部完成。

d01373f082025aaffdd6975f27d77460024f1a79.png

对飞行汽车有一定了解的人都知道,VTOL 和 eVTOL是飞行汽车技术里至关重要的部分。VTOL 代表飞机能实现「垂直起降」,这样飞行汽车就能便捷地升空和落地,不需要像传统客机那样经过长长的跑道才能起飞。
而 VTOL 前面加个「e」,就表示飞机能用电池供电, 而不是以往的碳氢燃料。
但是为了让飞行汽车尽快投入使用,有人已经开始建造空中垂直起降机场了。
据外媒报道,飞行汽车初创企业Volocopter与总部位于英国的房地产企业Skyports和设计机构Brandlab合作创建了一个原型登陆中心,用于测试其飞行汽车,这将使得新加坡成为首个实体建造这种垂直起降机场的地方。
Volocopter是一家成立于2012年的德国企业,曾获得英特尔和奔驰母公司戴姆勒注资逾3000万美元。英特尔曾表示,Volocopter是迄今为止,世界上最环保、最安全的飞行汽车,因为它采用18个旋翼提供驱动力。
去年有消息称,新加坡将在2019年与Volocopter联合推出飞行汽车测试,随后又有消息称,在评估安全风险的同时,将先在水上进行初步测试。目前空中机场的在建可能会加快新加坡布局飞行汽车的步伐。
根据发布的视频显示,这个垂直起降机场设在一个大厦的顶部,两端有两个圆形停机坪,飞行汽车可以通过停机坪进入大厦或者从大厦中开出来后垂直起飞。
值得注意的是,这个垂直起降机场是模块化的,也就是建筑可以像积木一样拆除或搭建,这可以实现机场的快速部署和扩展。
跟新加坡的垂直起降机场类似,迈阿密也迎来首个飞行汽车空中港口。
据媒体前几天报道,迈阿密一家综合开发商,计划将派拉蒙迈阿密世界中心的天文台改造成飞行汽车港口,供未来的飞行汽车起降使用。
在这座 60 层高、被玻璃包裹着的公寓里,将有 500 多个高端住宅,超过 24 个豪华顶层公寓,而在公寓顶层,将配备一个 5000 平方英尺的垂直起降飞机机场。
居民可以在未来从顶层通过飞行汽车出行和归家,公寓内将设有一条通往空港的通道,这意味人们都无需再从一楼大厅入门。
目前,该建筑正在改造公寓顶层,将于今年年底前完工,明年春天开放。
据一些分析师预测,未来5年内,全球将有多达3000辆空中出租车投入运营,到2030年,这一数字可能升至1.2万辆。从该领域最近的发展来看,这些数字可能是保守的。
虽然从硬件到基础设施再到市场潜力,飞行汽车领域看似一片欣欣向荣、生机勃勃,但离商业化普及确实还有很长一段距离,许多棘手问题依然亟待解决。
首先是技术问题。飞行汽车不是简单的无人机和汽车拼接,而是自动驾驶技术、导航技术、信息控制技术的有机集成,这需要企业不断加深技术研发和核心零部件的突破。同时,针对无人驾驶的材料、能源、续航等问题也需要从技术层面进行解决。
其次是成本问题。假如飞行汽车实现商用,新增添的航空设施和电子导航设备费用将是天文数字。此外,飞行汽车的价格预计也会高于普通汽车,考驾照的难度和费用也会显著,而最终这些费用都必须由公众买单,因此降低成本将是推动商业普及必须解决的问题。
最后是安全问题。飞行汽车存在诸多安全隐患都需要关注,比如如何规划交通路线、下雨天防雷、高楼层防噪音、日常防隐私泄露、防扰航等等,如何解决这些问题将成为飞行汽车能否实现大规模普及的关键所在。

飞行汽车空中机场

English version

After the network car, micro-vehicle, and self-driving car, the next debut may be the flying car.
Flying cars, as the name suggests, are cars that can fly in the sky and run on the ground. At present, many people may think that this is only a futuristic fantasy, but in fact, flying cars have already come to the forefront from the concept stage, and many countries and enterprises are working hard for their practical development.
Among them, Europe and the United States have shown a certain first-mover advantage in this field. In Europe, representatives from the aircraft and automotive sectors have joined forces. European Airbus, German Audi and Italian design companies have jointly promoted a “Pop·Up·Next” flying car program, successfully launching a pure electric vehicle with automatic driving function. The passenger drones were combined, and in November 2018, a quarter-sized prototype was exhibited to the world, and it is expected to become a practical taxi in the next 10 years.
In the United States, companies represented by Boeing are also actively promoting the development of flying vehicles. In 2017, Boeing acquired Aurora Flight Science, a startup that developed the unmanned aircraft. At the same time, the company also set up a new department, Boeing NeXt, which is responsible for the research and development of flying vehicles. In addition, Boeing also acquired the acquisition of aviation. Technology company Aurora Flight Sciences plans to test flying cars in Dubai and Dallas in 2020.
In addition, a number of start-ups such as Volocopter and Lilium Aviation have also entered the market, and their current flying cars have entered the testing stage.
The Flying Motors Division of the China Geely Automobile Group (acquired by the US-based flying car manufacturer Terrafugia) has taken the lead and has begun to sell flying cars. The first batch production will be completed by the end of this year.
Anyone who knows a little about flying cars knows that VTOL and eVTOL are vital parts of flying car technology. VTOL means that the aircraft can achieve "vertical take-off and landing", so that the flying car can be easily lifted off and landed, without the need for a long runway to take off like a traditional airliner.
Adding an "e" to the front of the VTOL means that the aircraft can be powered by batteries instead of the previous hydrocarbon fuel.
However, in order to get the flying car to be put into use as soon as possible, some people have begun to build an airborne vertical takeoff and landing airport.
According to foreign media reports, the flying car startup Volocopter has teamed up with the UK-based real estate company Skyports and the design agency Brandlab to create a prototype landing center for testing its flying cars, which will make Singapore the first entity to build this vertical. The place to drop the airport.
Volocopter is a German company founded in 2012 and has received more than $30 million from Intel and Mercedes-Benz parent company Daimler. Intel has said that Volocopter is by far the world's greenest and safest flying car because it uses 18 rotors to provide the driving force.
Last year, it was reported that Singapore will jointly launch a flight vehicle test with Volocopter in 2019, and then there is news that it will conduct preliminary tests on the water while assessing safety risks. The current construction of the air airport may accelerate the pace of Singapore's layout of flying cars.
According to the released video, the vertical takeoff and landing airport is located at the top of a building with two circular aprons at both ends. The flying car can enter the building through the apron or take off from the building and take off vertically.
It is worth noting that this vertical takeoff and landing airport is modular, that is, the building can be demolished or built like a building block, which enables rapid deployment and expansion of the airport.
Similar to Singapore's vertical takeoff and landing airport, Miami also welcomed the first flying car air port.
According to media reports a few days ago, a comprehensive developer in Miami plans to transform the Observatory at the Paramount Miami World Center into a flying car port for future takeoff and landing.
In this 60-story, glass-encased apartment, there will be more than 500 high-end homes, more than 24 luxury penthouses, and a 5,000-square-foot VTOL airport on the top floor of the apartment.
Residents can travel and return home from the top floor in the future by flying cars. There will be a passage to the airport in the apartment, which means that people no longer need to get in from the first floor lobby.
Currently, the building is transforming the top floor of the apartment and will be completed by the end of this year and will open next spring.
According to some analysts, as many as 3,000 air taxis will be put into operation in the next five years, and by 2030, this number may rise to 12,000. From the recent developments in the field, these figures may be conservative.
Although the field of flying cars seems to be booming and vibrant from hardware to infrastructure to market potential, there is still a long way to go before commercialization. Many difficult problems still need to be solved.
The first is the technical issue. Flying cars are not simple drones and car splicing, but the organic integration of autonomous driving technology, navigation technology and information control technology, which requires enterprises to continuously deepen technological breakthroughs in research and development and core components. At the same time, issues such as unmanned materials, energy, and battery life need to be addressed at the technical level.
Followed by the cost issue. If a flying car is commercialized, the cost of additional aviation facilities and electronic navigation equipment will be astronomical. In addition, the price of flying cars is expected to be higher than that of ordinary cars. The difficulty and cost of driving licenses will also be significant. In the end, these costs must be paid by the public, so reducing costs will be a problem that must be solved to promote commercial popularity.
Finally, there is a security issue. There are many safety hazards in flying vehicles, such as how to plan traffic routes, lightning protection in rainy days, noise prevention on high floors, daily privacy leakage prevention, anti-scramble, etc. How to solve these problems will become a large-scale flight vehicle. The key to popularization.

日本語版

ネットワークカー、マイクロカー、そして自動運転車に続いて、次のデビューはフライングカーかもしれません。
飛行車は、その名のとおり、空を飛んで地面を走ることができる車です。現時点では、これは未来的なファンタジーに過ぎないと多くの人が思うかもしれませんが、実際にはすでにフライングカーがコンセプトの段階から最前線に立っており、多くの国や企業が実用的な開発に向けて努力しています。
その中で、ヨーロッパと米国は、この分野で一定の先発的優位性を示しています。ヨーロッパでは、航空機および自動車部門の代表が力を合わせ、ヨーロッパのエアバス、ドイツのアウディ、およびイタリアのデザイン会社が共同で「ポップアップ・アップ・ネクスト」のフライングカープログラムを推進し、自動運転機能付きの純粋な電気自動車の発売に成功しました。乗客の無人偵察機は結合され、2018年11月に、4分の1サイズのプロトタイプが世界に展示されました、そしてそれは今後10年間で実用的なタクシーになると予想されます。
米国ではボーイングを代表とする企業も積極的に飛翔体の開発を推進しています。 2017年には、無人航空機を開発した新興企業であるAurora Flight Scienceを買収すると同時に、飛行中の航空機の研究開発を担当する新しい部門Boeing NeXtを設立し、さらに航空の買収も行いました。テクノロジー会社Aurora Flight Sciencesは、2020年にドバイとダラスで飛行中の車をテストする計画です。
さらに、VolocopterやLilium Aviationなどの多くの新興企業も市場に参入し、それらの現在のフライングカーはテスト段階に入りました。
中国吉利汽車集団のFlying Motors事業部(米国のフライングカーメーカーTerrafugiaが買収)が主導し、フライングカーの販売を開始したが、今年末までに最初のバッチ生産が完了する。
フライングカーについて少し知っている人なら誰でも、VTOLとeVTOLがフライングカーテクノロジーの重要な部分であることを知っています。 VTOLは、航空機が「垂直離着陸」を達成できることを意味しているので、伝統的な旅客機のように長い滑走路を離陸する必要なしに、飛んでいる車を簡単に離着陸させることができます。
VTOLの前に「e」を追加すると、航空機は以前の炭化水素燃料の代わりに電池で駆動できるようになります。
しかしながら、飛行車をできるだけ早く使用できるようにするために、何人かの人々は空中垂直離着陸空港を建設し始めました。
海外メディアの報道によると、フライングカーのスタートアップであるVolocopterは、イギリスの不動産会社SkyportsとデザインエージェンシーのBrandlabと提携して、フライングカーをテストするためのプロトタイプランディングセンターを作成しました。空港を降ろす場所。
Volocopterは、2012年に設立されたドイツの会社で、IntelとMercedes-Benzの親会社であるDaimlerから3000万ドル以上を受け取っています。 Intelは、Volocopterは駆動力を提供するために18個のローターを使用しているため、世界で最も環境に優しく安全な飛行車であると述べています。
昨年、シンガポールが2019年にVolocopterと共同で飛行体試験を開始することが報告され、その後、安全上のリスクを評価しながら水上で予備試験を実施するというニュースがあります。現在の空港の建設はシンガポールのフライングカーのレイアウトのスピードを加速するかもしれません。
発表されたビデオによると、垂直離着陸空港は両端に2つの円形エプロンを備えた建物の最上部にあり、飛行車はエプロンを通って建物に入るか、建物から離陸して垂直に離陸することができます。
この垂直離着陸空港はモジュール式であること、つまり建物を解体またはビルディングブロックのように建設することができることに注目する価値があります。これにより、空港の迅速な展開と拡張が可能になります。
シンガポールの垂直離着陸空港と同様に、マイアミも最初の空飛ぶ車の空港を歓迎しました。
数日前のメディアの報道によると、マイアミの総合開発者は、パラマウントマイアミワールドセンターの展望台を将来の離着陸のために空飛ぶ自動車港に変えることを計画しています。
この60階建てのガラス張りのアパートには、500以上の高級住宅、24以上の高級ペントハウス、そしてアパートの最上階に5,000平方フィートのVTOL空港があります。
将来、住人は車を飛ばすことで最上階から移動して帰国することができ、アパート内の空港への通路があるため、人々は1階のロビーから入る必要がなくなります。
現在、建物はアパートの最上階を変えており、今年の終わりまでに完成し、来年春にオープンする予定です。
一部のアナリストによると、今後5年間で最大3,000台の航空タクシーが運行され、2030年までにこの数は12,000台に達する可能性があります。この分野の最近の動向から、これらの数字は保守的なものになるかもしれません。
空飛ぶ車の分野は、ハードウェアからインフラストラクチャ、そして市場の可能性まで、急成長しており活気に満ちているように見えますが、商品化までにはまだ長い道のりがあります。
1つ目は技術的な問題です。フライングカーは単なる無人偵察機やカースプライシングではなく、自律走行技術、ナビゲーション技術、情報制御技術の有機的統合であり、企業は研究開発およびコアコンポーネントの技術的進歩を継続的に深めることが求められます。同時に、無人材料、エネルギー、バッテリー寿命などの問題には技術レベルで取り組む必要があります。
コストの問題が続きます。フライングカーが商品化されると、追加の航空施設や電子ナビゲーション機器のコストは天文学的なものになるでしょう。また、一般車と比較して価格が高くなることが予想され、運転免許の取得が困難でコストもかかるため、結局は一般公衆が支払う必要があるため、低価格化が課題となっています。
最後に、セキュリティ上の問題があります。飛行経路には、交通経路の計画方法、雨天時の落雷防止、高層階の騒音防止、日常のプライバシー漏洩防止、スクランブル防止など、多くの安全上の問題があります。これらの問題を解決する方法は、大規模な飛行車になります。普及への鍵

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn