日本优步公司拟在2025年推出“空中飞行出租车”

2019-06-05 22:12

据日媒报道,当地时间6月4日,美国网约车巨头“优步科技”的日本公司透露,力争在2025年日本大阪世博会上将“空中飞行出租车”投入实用。
据报道,“空中飞行出租车”可以载人在空中飞行。优步设想,在大阪世博会上,可以用它来连结世博会会场与机场。据悉,关西、大阪(伊丹)、神户3个机场均为候选场地。
该公司执行董事远山雅夫在大阪市举行的研讨会上称:“希望借世博会之机展现未来交通图景”。
报道称,美国优步计划在2020年进行试飞“空中飞行出租车”,并于2023年启动服务。此外,优步还宣布将在日本等5个国家中甄选“空中飞行出租车”的试飞候选地,将视飞行相关法律的完备程度及与当地企业的协作状况作出决定。

奥地利展出的“飞行汽车”的概念车内观

English version

According to Japanese media reports, on June 4, local time, the Japanese company of the US network car giant "Uber Technology" revealed that it will strive to put "air taxis" into practical use at the 2025 Osaka World Expo in Japan.
According to reports, "air taxis" can carry people in the air. Uber envisions that it can be used to connect to the Expo venue and airport at the Osaka World Expo. It is reported that three airports in Kansai, Osaka (Idan) and Kobe are candidates.
The company's executive director, Toyama Yaku, said at a seminar held in Osaka City: "I hope to use the opportunity of the Expo to show the future traffic landscape."
According to the report, Uber plans to conduct a test flight "air taxi" in 2020 and start service in 2023. In addition, Uber also announced that it will select a test flight candidate for "air flight taxis" in five countries including Japan, and will make decisions based on the completeness of flight-related laws and the cooperation with local companies.

日本語版

日本のメディアの報道によると、現地時間の6月4日、米国のネットワークカー大手「Uber Technology」の日本企業は、2025年の大阪万国博覧会で「航空タクシー」の実用化を目指すと発表した。
報告によると、「航空タクシー」は人々を空中で運ぶことができます。 ユーバーはそれが大阪万博の博覧会会場と空港に接続するのに使用されることができると思います。 関西、大阪(イダン)、神戸の3空港が候補であると報じられている。
同社の執行役員である富山薬品は、大阪市で開催されたセミナーで、「将来の交通状況を示すために万博の機会を利用したい」と述べた。
レポートによると、Uberは2020年にテスト飛行「航空タクシー」を実施し、2023年にサービスを開始する予定です。 また、日本を含む5ヵ国で「航空便タクシー」の試験飛行候補を選定し、飛行関連法の完全性と現地企業との連携に基づいて決定すると発表しました。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn