飞行汽车像科幻电影一样去出行

2019-06-17 23:54

从100多年前,儒勒·凡尔纳的《从地球到月亮》《海底两万年》《未来快车》等作品中的飞行器和火箭,到20世纪60年代约翰·布拉诺的《站在桑给巴尔》中的电动车;从1930年的《五十年后之世界》(Just Imagine)中飞行器徘徊的未来都市,到1997年,《第五元素》(The Fifth Element)中的空中Taxi;从1902年科幻电影开山之作《月球旅行记》(Le voyage dans la lune)中的炮弹舱,到刚刚上映的《黑衣人:全球追缉》(Men in Black International)中的光速列车,科幻作品从他们诞生开始,就从未停止过想象人类未来出行的方式。
虽然科幻电影中有很多过于奇幻的想象,比如《五十年后之世界》想象50年后,即1980年,人类已经可以星际旅行,与外星生命接触。但电影中也有很多异常准确的预测,高速子弹头货车、喷气机、自动驾驶……可以说它们为真实生活中的出行技术提供了灵感,开辟了道路,这些概念和预测,正在或已经逐步被实现。

科幻飞行汽车

正在实现的预测
细细数来,我们会发现,科幻电影对于未来出行技术如此有前瞻性:
太空站和航天飞机
在这部被誉为现代科幻电影的鼻祖《2001太空漫游》中,对于太空漫游的想象是令人叹为观止的,我们可以看到电影中,穿梭于太空站的航天飞机(Pan-Am Space Clipper),而电影拍摄的当时,还并没有这些。
太空站成为现实是在1971年,俄罗斯航天站礼炮1号,而空间航天飞机美国NASA的OV-101则是在1976年成为现实。
单轨无驾驶客舱
在电影《逃离地下天堂》中,有一个场景是看上去很高科技的单轨系统,乘坐者坐在很小的,无驾驶的客舱中。
2011年,伦敦希思罗机场采用了这样的客舱,来运送客人往返5号航站楼。这种交通方式叫做个人快速运输系统(英语:Personal Rapid Transit),简称PRT,也称个人捷运。
悬浮车
想必看过《星球大战》这个系列电影的人们,都记得那个标志性的悬浮车,他们可以悬停在任何地貌之上。
2017年,在雷诺(Renault)举办的未来概念车设计大赛上,使用磁悬浮技术的悬浮飞行器“Float”最终获胜,值得一提的是,这个设计的作者是一个中国女大学生。
飞行汽车
电影中的警车“spinner”,可以像直升机一样垂直起降和行驶飞行。在1997年的电影《第五元素》中,也有类似这样的飞行汽车。
而近年来,飞行汽车的研发也一直在进行中,比如Terrafugia飞行汽车公司设计的可折叠的车翼和转动桨,原型指日可待。
悬浮滑板
在《回到未来2》中那个悬浮于地面的滑板,让行动更加酷炫,让多少少年们羡慕不已。
2014年,创业公司 Arx Pax就已推出了一款飞行滑板Hendo,离地1英寸还能承受一个成人的重量,美国《时代》杂志更是将其评选为2014 年度25大最佳发明之一。
机器人/无人驾驶
1990年的电影《全面回忆》中,长相诡异的机器人司机Jonny Cab,驾驶着出租车的场景,让人印象深刻,这其实就是一个无(真)人驾驶的原型,那时的人们,可能根深蒂固地觉得出租车需要有个“司机”。
而到了2004年的《我,机器人》中,那辆奥迪概念机(Audi RSQ)让人们意识到,既然一个人体形态的Jonny本就没有存在的必要性,那何必让他占一个车位糟心呢。
到了今天,奥迪A8已经具备了Level-3等级的自动驾驶功能,而无人驾驶,几乎已经成为一个家喻户晓的概念了,事实上,Google,Uber,特斯拉,甚至百度,都已经有汽车上路实验了,无人驾驶的出租车服务还会远吗?
远程驾驶
如果你担心无人驾驶的安全,或者在无人驾驶碰到比较困难的路况无法处理时,找一个老司机来帮你解决,似乎是一个更稳妥的方法。不过,不需要这个老司机真人到场,他远程操作一下就可以了。电影《黑豹》中,瓦坎达公主苏睿就为她哥哥做了一次远程司机。
而这样的远程驾驶,也离我们不远了。英伟达展示了一项可让驾驶员在佩戴VR头显的情况下,远程控制停在英伟达大厅外的汽车的技术,将电影中的场景变得无限可能。
生物技术
《超级战警》(这个名字更正常点)中,警察是采用生物连接,来控制自动驾驶的警车。
富士通在2017年也预测,生物指标会被用来作为汽车钥匙,而且也会被用来创造更个人化的驾驶体验。很多公司也正在研发生物反馈技术在无人驾驶中的判别。
垂直城市交通
电影《少数派报告》中的垂直城市交通是不是让人大开眼界?挑战我们的日常认知。
2014年,英国设计师Christophi和Lucas Mazarrasa设计的摩天楼超高速垂直轨道枢纽(Hyper-Speed Verti-cal Train Hub),也将电影中的想象,带入了现实。虽然现在还是个创意,可说不准10年后,我们也会对这样的场景见怪不怪了。
“公共交通”替代“个人车辆”的出行理念
当然,除了这些已经能够看到雏形的技术,人们还在不断探索更高效、更畅通、更环保的出行方式,它们可能来自于技术和理论的不断精进和突破,比如真空管道运输、自动驾驶汽车、太空电梯等的设计,可能是创新的解决问题的方式,比如立体快巴这样对空间的利用、Shweeb单轨人力列车和太阳能列车这样对能源的替代,它们也有可能源于我们对于思维习惯的突破,比如近年来出现的“共享”而非“拥有”的概念,“公共”而非“私人”的转变。
在电影中,对于未来出行的方式,也不一定是酷炫新潮的,反而有可能返璞归真,比如在电影《她》(Her)的未来社会中,人工智能已经发达到可以跟人类发展情感了,但那时的人们更多的还是使用像地铁这样更环保的公共交通。
那时的火车,可能已经离《黑衣人:全球追缉》中的光速列车不远了。
看了这些逐步走向人们真实生活的电影场景,在感叹前人们惊人的预测能力的同时,不禁会想,如果没有这些科幻小说或电影作品的启发,这些技术还会在生活中出现么?不过有一点可以肯定的是:
如果没有了想象力,人类会寸步难行。
未来可期之幻想
当然,还有好多电影中的幻想,尚未进入可行性阶段,它们或许还需要科学理论的突破,或许还在等待着合适的、与现实相结合的契机。而最让人期待的,可能是以下这两个。

空中汽车

个人便携式飞行装备
《钢铁侠》系列中,最让人无限憧憬的莫过于Tony打造的盔甲。忽略掉电影中盔甲主要的战斗功能,其飞行功能就是一个很好的创意,让我们像他一样,随时翱翔于天际。
而且这个盔甲设计最实用的,是它可以折叠起来,变成公文箱大小,可以极大的解决传统汽车需要停车、并且占用过多空间的问题。当然,如果《蚁人》中的缩小技术得到突破,汽车可以缩小放进兜里,也不失为一种好办法。
传送
终极高效的出行方式,应该是《星际迷航》中的“传送”,它可以将人或物体瞬间从一个位置传到远处的另一个位置,免去人们在路途中的时间消耗。
这个概念产生的当下,可能仅仅是一个不负责任的乱想,但它如此有吸引力。据说1993年,有一支国际研究团队表示,远距传送在理论上是可行的。而2017年,中国科学家利用一种名为“量子纠缠”的现象,实现了光子的“远距传送”。虽然传送人现在仍然是一个遥不可及的“神话”,但它至少离我们又进了一步。
这就是科幻电影的魅力,它们赋予了想象以活力,给从当下到未来的不同时代的观众们埋下一个种子,抛出一个问题:“这些是可行的么?”
于是代复一代,总有人会去尝试解答这个问题,就像倾注了热情和爱意去雕琢少女雕像的皮格马利翁,终将赋予雕像以生命。
在《五十年后之世界》前,我们可能有些惭愧,这部电影面世快100年了,我们还去不了外星旅行;在《第五元素》前,我们或许也有遗憾,20年后的我们还不能驾驶飞行汽车在城市上空飞行,但只要我们还在想象,终有一天,那些梦想是会实现的。

English version

More than 100 years ago, Jules Verne's "From Earth to the Moon", "The Undersea 20,000 Years", "Future Express" and other works in the aircraft and rockets, to the 1960s John Burano's "Standing Electric cars in Zanzibar; from the future city of the aircraft in Just Imagine in 1930, to the air in the Fifth Element of 1997, The Fifth Element From the cannonball cabin in the 1902 science fiction movie "Le voyage dans la lune" to the light speed train in the newly released "Men in Black International", Since their birth, science fiction has never stopped thinking about the way humans travel in the future.
Although there are many imaginative imaginations in science fiction movies, such as "Fifty Years Old World" imagined 50 years later, that is, in 1980, humans can already travel through the stars and come into contact with extraterrestrial life. But there are also many unusually accurate predictions in the film, high-speed bullet trucks, jets, and autonomous driving... It can be said that they have inspired the real-life travel technology and opened the way. These concepts and predictions are being or have been gradually achieve.
Realizing forecast
In detail, we will find that science fiction movies are so forward-looking for future travel technology:
Space station and space shuttle
In this 2001 space roam, the originator of modern sci-fi movies, the imagination of space roaming is breathtaking. We can see the Pan-Am Space Clipper in the movie. At the time of the filming, there was no such thing.
The space station became a reality in 1971, the Russian Space Station Salute No. 1, while the space shuttle NASA's OV-101 became a reality in 1976.
Monorail no-drive cabin
In the movie "Escape from the Underground", there is a scene that looks like a high-tech monorail system in which the occupants sit in a small, driverless cabin.
In 2011, London Heathrow Airport used such a cabin to transport guests to and from Terminal 5. This type of transportation is called Personal Rapid Transit (Personal Rapid Transit), also known as PRT, also known as Personal Rapid Transit.
Suspension vehicle
People who must have watched the series of Star Wars movies remember the iconic suspension car, they can hover over any landform.
In 2017, at the future concept car design competition held by Renault, the floating aircraft “Float” using magnetic levitation technology finally won. It is worth mentioning that the author of this design is a Chinese female university student.
Flying car
The police car "spinner" in the movie can take off and land vertically like a helicopter. In the 1997 film "The Fifth Element", there are also flying cars like this.
In recent years, the development of flying vehicles has also been ongoing, such as the foldable wings and rotating paddles designed by Terrafugia Flying Car Company. The prototype is just around the corner.
Floating skateboard
In the "Back to the Future 2", the skateboard suspended on the ground makes the action even more cool, so many young people envy.
In 2014, the startup Arx Pax has launched a flying skateboard, Hendo, which can bear an adult's weight from 1 inch above the ground. American Time magazine named it one of the 25 best inventions of 2014.
Robot/unmanned
In the 1990 film "Comprehensive Memories", the strange robot driver Jonny Cab, driving a taxi scene, is impressive. This is actually a prototype of a (no) human driving. People at that time may be ingrained. I feel that the taxi needs to have a "driver."
In 2004, "I, Robot", the Audi concept machine (Audi RSQ) made people realize that since a human form of Jonny does not have the necessity of existence, why bother to make him occupy a parking space? .
Today, the Audi A8 has a Level-3 level of autopilot, and driverless has almost become a household name. In fact, Google, Uber, Tesla, and even Baidu have already got on the road. Experimented, can the driverless taxi service be far behind?
Remote driving
If you are worried about the safety of driverless driving, or when unmanned driving is difficult to handle, it may seem like a safer way to find an old driver to help you solve it. However, you don't need this old driver to be present, he can do it remotely. In the movie "Black Panther", Princess Vulcan of Vulcana made a remote driver for her brother.
And such long-distance driving is not far from us. NVIDIA has demonstrated a technology that allows drivers to remotely control a car parked outside the NVIDIA lobby while wearing a VR headset, making the scenes in the movie endless.
Biotechnology
In "Super Police" (the name is more normal), the police use a biological connection to control the self-driving police car.
Fujitsu also predicted in 2017 that biometrics would be used as a car key and would also be used to create a more personal driving experience. Many companies are also developing biometric feedback technology for unmanned discrimination.
Vertical urban traffic
Is vertical urban traffic in the film Minority Report an eye-opener? Challenge our daily perceptions.
In 2014, the British designer Christophi and Lucas Mazarrasa designed the Hyper-Speed Verti-cal Train Hub, which brought the imagination of the film into reality. Although it is still an idea now, it can be said that after 10 years, we will not be surprised by such a scene.
"Public transportation" replaces the concept of "personal vehicle"
Of course, in addition to these technologies that can already see the prototype, people are constantly exploring more efficient, smoother and more environmentally friendly modes of travel. They may come from continuous improvement and breakthroughs in technology and theory, such as vacuum pipeline transportation and self-driving cars. The design of space elevators, etc., may be an innovative way to solve problems, such as the use of space by stereo express buses, the replacement of energy by Shweeb monorail rickshaws and solar trains, and they may also stem from our breakthrough in thinking habits. For example, the concept of “sharing” rather than “owning” that has emerged in recent years, the transformation of “public” rather than “private”.
In the movie, the way of traveling in the future is not necessarily cool and trendy, but it may return to the truth. For example, in the future society of the movie Her, artificial intelligence has been developed to develop emotions with human beings. But people at that time used more environmentally friendly public transportation like the subway.
The train at that time may not be far from the speed train in "Black Man: Global Chase".
Looking at these movie scenes that are gradually moving towards people's real life, while sighing the amazing predictive power of the people before, they can't help but wonder if these technologies will appear in life without the inspiration of these science fiction or film works. But one thing that is certain is:
Without imagination, humans will be unable to move.
Future fantasy
Of course, there are still many fantasies in the film that have not yet entered the feasibility stage. They may also need breakthroughs in scientific theory, and perhaps still waiting for the right opportunity to combine with reality. The most anticipated ones are probably the following two.
Personal portable flight equipment
The most infinite amount of Iron Man is the armor that Tony has created. Ignoring the main combat function of the armor in the movie, its flight function is a very good idea, let us fly like the sky at any time.
And the most practical of this armor design is that it can be folded up and become the size of a briefcase, which can greatly solve the problem that the traditional car needs to stop and take up too much space. Of course, if the reduction technique in "The Ant Man" is broken, it is a good idea to reduce the car into the pocket.
Transfer
The ultimate and efficient way to travel should be the “transmission” in Star Trek, which can instantly transfer people or objects from one location to another in the distance, eliminating the time spent on the road.
The current generation of this concept may be just an irresponsible chaos, but it is so attractive. It is said that in 1993, an international research team stated that teleportation is theoretically feasible. In 2017, Chinese scientists used a phenomenon called "quantum entanglement" to achieve the "distance transmission" of photons. Although the transmitter is still an unreachable "myth", it is at least one step away from us.
This is the fascination of science fiction movies. They give imagination to the vitality, plant a seed for the audience of different eras from now to the future, and throw a question: "Is this feasible?"
So after generations, someone will try to answer this question, just like Pygmalion, who has devoted passion and love to carving the statue of the girl, and will endow the statue with life.
Before the World of Fifty Years, we may be a bit embarrassed. This movie has been around for 100 years. We can't travel to aliens. Before the Fifth Element, we may have regrets, 20 years later. We can't fly a flying car over the city, but as long as we still imagine, one day, those dreams will be realized.

日本語版

100年以上前、ジュール・ヴェルヌの「地球から月へ」、「海中2万年」、「フューチャーエクスプレス」などの航空機やロケットの作品は、1960年代のジョン・ブラーノの「スタンディング」まで。ザンジバルの電気自動車、1930年のJust Imagineの航空機の未来都市から、1997年の5番目の要素、5番目の要素の空中まで1902年のサイエンスフィクション映画「Le voyage dans la lune」の大砲キャビンから、新しくリリースされた「Men in Black International」の光速列車まで、彼らの誕生以来、サイエンスフィクションは未来への人間の旅の仕方について考えるのを決して止めませんでした。
サイエンスフィクション映画には、50年後に想像された「50年前の世界」のような想像力豊かな想像力がたくさんあります。つまり、1980年には、人間はすでに星を通り抜けて地球外生命と接触することができます。しかし、映画、高速の新幹線、ジェット機、自律走行など、非常に正確な予測もたくさんあります…実際の旅行技術に影響を与え、道を開いたといってもいいでしょう。実現しました。
予報の実現
詳細には、サイエンスフィクション映画は将来の旅行技術にとってとても将来を見越していることがわかります。
宇宙ステーションとスペースシャトル
現代のSF映画の創始者であるこの2001年のスペースローミングでは、スペースローミングの想像力は息をのむようなものです。撮影時には、そのようなことはありませんでした。
スペースシャトルNASAのOV-101は1976年に現実のものとなったが、宇宙ステーションは1971年にロシアの宇宙ステーション敬礼第1号で現実のものとなった。
モノレール無駆動キャビン
映画「地下からの脱出」では、居住者が小さな無人キャビンに座っているハイテクモノレールシステムのように見えるシーンがあります。
2011年、ロンドンヒースロー空港はターミナル5との間でお客様を輸送するためにそのようなキャビンを使用しました。このタイプの交通機関は、Personal Rapid Transit(Personal Rapid Transit)と呼ばれ、PRTとも呼ばれ、Personal Rapid Transitとも呼ばれます。
サスペンション車両
一連のスターウォーズ映画を見たに違いない人々は象徴的なサスペンションカーを覚えています、彼らはどんな地形の上ででもホバーできます。
2017年に、ルノーが開催した将来のコンセプトカーデザインコンペティションで、磁気浮上技術を使った浮遊機「フロート」がついに勝ちましたこのデザインの作者は中国の女子大学生です。
フライングカー
映画の中のパトカー「スピナー」は、ヘリコプターのように垂直に離陸することができます。 1997年の映画「The Fifth Element」では、このような空飛ぶ車もあります。
近年では、Terrafugia Flying Car Companyによって設計された折りたたみ式ウィングや回転パドルなど、飛行中の乗り物の開発も進められています。
フローティングスケートボード
「Back to the Future 2」では、地面に吊り下げられたスケートボードがさらにクールになり、多くの若い人たちが嫉妬しています。
2014年、スタートアップのArx Paxが、地上1インチから大人の体重を支えることができるフライングスケートボードHendoを発売しました。
ロボット/無人
1990年の映画「Comprehensive Memories」では、タクシーのシーンを運転する奇妙なロボットドライバー、ジョニー・キャブが印象的で、これは実際には(無)人間の運転のプロトタイプです。タクシーには「運転手」が必要だと思います。
2004年、 "I、Robot"、Audiコンセプトマシン(Audi RSQ)は、人間の形態のJonnyには存在の必要性がないので、なぜ彼に駐車スペースを占有させるのが面倒なのかを認識させました。 。
今日、アウディA8はレベル3レベルのオートパイロットを持っています、そしてドライバーレスはほぼ世帯名になりました実際には、グーグル、ユーバー、テスラそしてBaiduさえすでに道を進んでいます。実験的に、無人タクシーサービスははるかに遅れることができますか?
遠隔運転
無人運転の安全性が心配な場合、または無人運転が扱いにくい場合は、それを解決するのに役立つ古い運転手を見つけるためのより安全な方法のように思われるかもしれません。しかし、あなたはこの古いドライバが存在する必要はありません、彼はリモートでそれを行うことができます。映画 "ブラックパンサー"で、ヴルカナのプリンセスバルカンは彼女の兄弟のための遠隔運転手を作った。
そして、そのような長距離運転は私たちからそれほど遠くありません。 NVIDIAは、VRヘッドセットを装着したままNVIDIAロビーの外に駐車している車を運転者が遠隔操作できるようにする技術を実証し、映画の中のシーンを無限にします。
バイオテクノロジー
「スーパーポリス」(名前はより普通です)では、警察は自動運転のパトカーを制御するために生物学的接続を使用します。
富士通はまた、2017年にバイオメトリクスが自動車の鍵として使用され、より個人的な運転体験を生み出すためにも使用されると予測しました。多くの企業は、無人差別のためのバイオメトリックフィードバック技術も開発しています。
垂直都市交通
映画 『Minority Report』の垂直的な都市交通は目を見張るものですか?私たちの日々の認識に挑戦してください。
2014年、イギリス人デザイナーのChristophiとLucas Mazarrasaが、Hyper-Speed Vertical Train Hubをデザインしました。これにより、映画の想像力が現実のものとなりました。いまだにアイデアですが、10年経ってもそのような場面に驚かないでしょう。
「公共交通機関」は「個人用車両」の概念を置き換えます
もちろん、プロトタイプを見ることができるこれらの技術に加えて、人々は絶えずより効率的で、より滑らかでそしてより環境に優しい移動モードを模索しています。スペースエレベーターなどの設計は、ステレオエクスプレスバスによるスペースの使用、Shweebモノレール人力車およびソーラートレインによるエネルギーの交換などの問題を解決するための革新的な方法である可能性があります。たとえば、近年出現している「所有」ではなく「共有」という概念、「非公開」ではなく「公開」の変革などです。
映画の中では、未来の旅の仕方は必ずしもクールでトレンディなわけではありませんが、実際には戻るかもしれませんたとえば、映画Herの未来の社会では、人との感情を開発するための人工知能が開発されました。しかし当時の人々は地下鉄のようにもっと環境に優しい公共交通機関を使っていました。
その時の電車は "Black Man:Global Chase"のスピード電車からそれほど遠くないかもしれません。
人々の実生活に向かって徐々に動いているこれらの映画のシーンを見ながら、前に人々の驚くべき予測力をため息をついて、彼らはこれらの技術がこれらのサイエンスフィクションや映画作品のインスピレーションなしに現れるかどうか疑問に思う。しかし確かなことは、次のとおりです。
想像力がなければ、人間は動くことができないでしょう。
未来のファンタジー
もちろん、まだ実現可能性の段階に入っていない映画にはまだ多くの幻想があり、それらは科学理論の突破口を必要としているかもしれず、そしておそらく現実と結合するための正しい機会をまだ待っています。最も予想されるものはおそらく次の2つです。
個人用携帯フライト機器
最も無限の量のIron Manは、Tonyが作成した防具です。映画の装甲の主な戦闘機能を無視して、その飛行機能は非常に良い考えです、私たちはいつでも空のように飛ぶことができます。
そしてこの装甲設計の最も実用的なのは、それが折り畳まれてブリーフケースのサイズになることができるということです。これは、伝統的な自動車が停止してスペースを取り過ぎる必要があるという問題を大いに解決できます。もちろん、「The Ant Man」の縮小テクニックが壊れている場合は、車をポケットに入れることをお勧めします。
転送する
究極の効率的な移動方法は、スタートレックの「伝達」です。これにより、人や物をある場所から別の場所へ瞬時に移動させることができ、道路に費やす時間を省くことができます。
この概念の現在の世代は単なる無責任な混乱かもしれませんが、それはとても魅力的です。 1993年に、国際調査チームはテレポーテーションが理論的に実行可能であると述べたと言われています。 2017年に、中国の科学者たちは光子の「距離伝達」を達成するために「量子もつれ」と呼ばれる現象を使いました。送信機はまだ到達不可能な "神話"ですが、それは私たちから少なくとも一歩先にあります。
これはSF映画の魅力であり、活力に想像力を与え、今から未来に至るまでのさまざまな時代の観客のために種を植え、「これは実現可能なのか」という質問を投げかけます。
それで何世代にもわたって、誰かがこの質問に答えることを試みるでしょう、ちょうどピグマリオンはその少女の像を彫ることに情熱と愛を捧げました、そして生命に像を授けるでしょう。
50年前の世界では、ちょっと当惑するかもしれませんが、この映画は100年も前からありますが、エイリアンに旅行することはできません。私たちは街を飛ぶ車を飛ばすことはできませんが、まだ想像している限り、いつの日か、それらの夢は実現されるでしょう。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn