中国飞行汽车在扬州亮相

2019-06-18 23:19

白色的车身,红色的条纹,配有汽车一样的四个轮子,还有飞机的两个机翼。13日上午,主会场前展示区的一辆“飞行汽车”吸引了众多与会嘉宾的关注。
“这辆飞行汽车曾在2019年春晚的长春分会场亮相,在歌舞东北小调《正对花》表演时,一台长着翅膀的汽车腾空而起,从舞台上方缓缓飞过。” 航空工业沈阳所扬州院的工作人员介绍这部飞行汽车是全部自主研制,是第一次在江苏亮相。
上述人员介绍,飞行汽车具有陆地行驶和空中飞行两种模式,其中,陆地行驶时机翼可以向两边折叠,而在飞行模式时,机翼可以向两侧打开,在经过短距离滑跑后,可以像飞机一样飞上高空,“飞行汽车巡航速度可达180公里/小时,续航里程在500-600公里之间,可以实现城市间从家门口到家门口的快速连通,作为山区、海岛等交通欠发达地区交通工具,免去了换乘和等待红绿灯的时间。”
记者了解到,飞行汽车有一个驾驶位和一个乘客位,可以乘坐两人,并且可以执行航空运动、航空拍摄、空中监视、农林监测与地貌勘测等任务。
小螺栓搭上“智能快车”,已在飞机、地铁上试用
说起螺栓,几乎无人不晓。大到飞机、轮船,小到手机、手表,都有螺栓的用武之地。一架飞机或者一辆汽车之所以能成为一个整体,小螺栓在其中扮演了重要角色,而关键部位螺栓松动可能引起飞机失事、厂房坍塌、桥梁断裂……造成的损失难以估量。
在展示区现场,航空工业沈阳所扬州院带来的一根手指长的“智能螺栓”就能解决上述问题,记者看到,智能螺栓上有一个直径1毫米的小孔。智能螺栓的核心机密就藏在这个小孔之中,里面藏有光栅传感器的高科技装备。
“螺栓能主动感知载荷力量的大小,并能对自身状态进行实时在线监测。如果螺栓出现松动或断裂的迹象时,系统就会及时发出预警了。”现场工作人员介绍,这样的“智能螺栓”是航空工业沈阳所扬州院的转化成果,目前已经在高铁、地铁、汽车上进行应用试验,未来将撬动数十亿级市场。

飞行汽车亮相扬州

English version

The white body, the red stripes, the four wheels of the car, and the two wings of the plane. On the morning of the 13th, a "flying car" in the front display area of the main venue attracted the attention of many guests.
"This flying car was unveiled at the Changchun branch of the Spring Festival Evening in 2019. When the song and dance in the northeast minor tune "Positive Flower" was performed, a winged car vacated and flew slowly from above the stage." Aviation Industry The staff of Yangzhou Institute of Shenyang introduced that the flying car was completely developed independently and was the first time it was unveiled in Jiangsu.
According to the above personnel, the flying car has two modes: land driving and air flight. The wing can be folded to both sides when driving on land. In the flight mode, the wing can be opened to both sides. After a short distance run, Flying like a plane to the sky, "the speed of the cruising speed of the flying car can reach 180 km / h, and the cruising range is between 500-600 km. It can realize the rapid connection between the city and the door of the house. It is less developed as a mountainous area or an island. Regional transportation, eliminating the need to transfer and wait for traffic lights."
The reporter learned that the flying car has a driving position and a passenger position, can take two people, and can perform tasks such as aviation sports, aerial photography, aerial surveillance, agriculture and forestry monitoring and geomorphological survey.
Small bolts are used on the "smart train" and have been tested on airplanes and subways.
Speaking of bolts, almost no one knows. From airplanes to ships, to mobile phones and watches, there are bolts for use. The reason why a plane or a car can become a whole, small bolts play an important role in it, and the loose bolts in key parts may cause the plane to crash, the factory collapse, the bridge breaks... The damage caused is difficult to estimate.
In the exhibition area, a finger-length "smart bolt" brought by Yangzhou Institute of Aviation Industry Shenyang can solve the above problem. The reporter saw that the smart bolt has a small hole with a diameter of 1 mm. The core secret of the smart bolt is hidden in this small hole, which contains high-tech equipment with grating sensors.
“The bolt can actively sense the magnitude of the load force and can monitor its own state online in real time. If the bolt shows signs of looseness or breakage, the system will promptly issue an early warning.” The field staff introduced such a “smart bolt”. It is the result of the transformation of Yangzhou Institute of Shenyang in the aviation industry. At present, it has been applied in high-speed rail, subway and automobile, and will boost the billion-dollar market in the future.

日本語版

白い体、赤い縞、車の四輪、そして飛行機の二つの翼。 13日の朝、メイン会場の正面展示エリアにある「空飛ぶ車」が多くのお客様の注目を集めました。
「このフライングカーは、2019年春祭りの夜の長春支店で発表されました。北東の小さな曲「ポジティブフラワー」で歌と踊りが行われると、翼のある車が舞台の上からゆっくり飛んで行きました。」瀋陽揚州学院のスタッフは、フライングカーが完全に独自に開発されたことを紹介し、江蘇省で初めて発表されたのです。
上記の要員によると、飛翔車は陸上走行と空中飛行の2つのモードがあり、陸上走行時には翼を両側に折り畳むことができ、飛行モードでは両側を開くことができます。飛行機のように空を飛んでいると、「飛んでいる車の巡航速度は時速180 kmに達し、航続距離は500〜600 kmになります。都市と家のドアの間の迅速な接続を実現できます。地域の交通機関、交通信号を転送して待つ必要がなくなります。」
記者は、飛行中の車には運転席と助手席があり、2人で移動でき、航空スポーツ、航空写真、航空監視、農林業監視、地形調査などの作業を実行できることを知りました。
小型のボルトは「スマートトレイン」で使用されており、飛行機や地下鉄でテストされています。
ボルトといえば、ほとんど誰も知りません。飛行機から船、携帯電話や時計まで、使用にはボルトがあります。飛行機や車が全体になり、小さなボルトが重要な役割を果たすことができる理由、そして重要な部分の緩んだボルトが飛行機のクラッシュ、工場の倒壊、橋の破損などを引き起こす可能性があります。
展示エリアでは、揚州航空工業瀋陽研究所が持ってきた指の長さの「スマートボルト」で、この問題を解決することができ、スマートボルトには直径1 mmの小さな穴があることがわかりました。スマートボルトの核となる秘密は、この小さな穴に隠されています。この穴には、グレーティングセンサー付きのハイテク機器が含まれています。
「ボルトは負荷力の大きさを積極的に感知し、リアルタイムでオンラインで自身の状態を監視できます。ボルトに緩みや破損の兆候が見られる場合、システムは早急に早期警告を発します。」現場スタッフはそのような「スマートボルト」を紹介しました。これは航空業界における揚州瀋陽学院の変革の結果であり、現在は高速鉄道、地下鉄、自動車に適用されており、将来的には10億ドル規模の市場を後押しするでしょう。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn