让豪车和超跑都仰望 飞行汽车时代离我们还有多远?

2019-06-27 22:05

人类的欲望是无法被满足的,十几年前你开着一辆桑塔纳从大街上溜过,你就是这条街最靓的仔。也许不久将来,即使是一辆无人驾驶车从你身旁开过,你也不会太过于吃惊。时代在发展,科技在进步。以前觉得天方夜谭的梦想,现在都照进了现实。
然而,汽车行业的高速发展也给人类带来了意想不到的麻烦,其中“堵车”就是人们最不想面对却又不得不面对的闹心事。近日公布的全球交通拥堵城市排名,小编身在的重庆就成为了中国最堵城市,真的是十分扎心了。因此,对于城市来说,利用辽阔的天空来躲避道路拥堵似乎成为了未来交通出行的新趋势。
“飞行汽车”这样一个听起来不太靠谱的发明就是基于这样的目的而被研发出来,并一步步从科幻片走到了现实。目前,全球各地包含传统车企、出行服务商、科技公司、初创公司等在内的几十家大牌公司都在以实际行动展示开发飞行汽车的决心,并承诺尽快将它们投入使用。
如荷兰PAL-V公司推出的Liberty飞行汽车,号称是世界上第一款量产飞行汽车。它已获得欧洲航空安全局和美国联邦空管局的认证,并符合道路安全条例。不过这台“变形金刚”的售价不低,Liberty首批90台限量版的价格高达407万人民币,并将于2019年正式交付,而后期的普通版至少也要271万人民币,是标准的富豪玩具。
至于国内,走在最前面的就是吉利汽车。2017年,吉利收购了一家名为Terrafugia的飞行汽车公司,并在去年10月推出了首款飞行汽车——Transition。从官方介绍来看,Transition既能在地面上行驶,又能在短时间内变形在空中飞行,允许乘坐两人,空中续航为640公里,最高时速为160公里/小时,最大飞行高度3048米。令人期待的是,吉利此前曾放言,这款飞行汽车预计将在2019年上市销售,预售定价在200多万人民币,且首次预购已售罄。可惜的是,Transition好像并没有在国内进行投放。
乍一看,各巨头都在致力于研发飞行汽车,并开始量产销售,那么这是否意味着飞行汽车真的离我们触手可及了呢?我想从下面几个方面客观的分析一下。
首先肯定是法律法规的问题,我国对于空中的交通管制非常严格,就连飞行无人机都要进行报备,所以就目前而言,我国针对飞行汽车相应的法律法规还尚未出台。但以美国为例,美国的政策法规对飞行汽车的监管机制已较为完善,对飞行汽车上路也拥有一系列统一的标准。因此,未来飞行汽车需要解决的重中之重就是空中交通管制问题。
其次,飞行汽车能否普及大众,最现实的问题当然是价格。无论是研发成本,还是类似于飞机结构以及零部件的制造成本,以及驱动汽车飞行的动力成本,都注定飞行汽车与传统汽车的售价不在一个等量级上。那么如何降低成本,使飞行汽车不再是富豪们的玩具,而是成为大众日常通行的交通工具,就成了制造商们最需要考虑的问题。
当然,在中国,其实有购买飞行汽车的经济实力人群也不在少数,但如何让他们成为首批吃螃蟹的人呢?简单来说,就是如何让他们信任并且购买你的飞行汽车呢?我想制造商们这时需要考虑的就是产品质量和售后服务等一系列问题了。其实说起来,这跟如今新造车势力的处境十分相像,在面对一个新兴事物时,人们总是不会那么容易接受,单凭尚未成熟的产品实在难以获得人们的认可。
此外,就消费者而言,要想驾驶飞行汽车,也不是那么容易的一件事。驾驶员不仅需要汽车驾照,还需要飞行执照,这也间接提高了一个购买门槛。但就目前自动驾驶的发展进度以及趋势来看,届时或许已经实现了无人驾驶,那么这个问题也就迎刃而解了。
可见,飞行汽车要真正实现量产并走向市场,并不是飞行汽车制造商一家的事,国家立法机构、交通管理机构、自动驾驶提供商以及消费者等都是当中重要环节,缺一不可。

3d4db159ab7b963357b6b1067cc434448326.gif

English version

The human desire cannot be satisfied. You drove a Santana from the street more than ten years ago. You are the most awkward child in this street. Maybe in the near future, even if a driverless car drives past you, you won't be too surprised. The times are developing and technology is improving. I used to think that the dream of the Arabian Nights is now in reality.
However, the rapid development of the automotive industry has also brought unexpected troubles to human beings. Among them, "blocking traffic" is the most troublesome thing that people do not want to face but have to face. Recently announced in the global traffic congestion city rankings, Xiaobian in Chongqing has become China's most blocked city, really is very heart-warming. Therefore, for the city, the use of vast skies to avoid road congestion seems to be a new trend in future traffic.
The "flight car", a sounding less invention, was developed based on this purpose and stepped from the science fiction film to reality. At present, dozens of big-name companies including traditional car companies, travel service providers, technology companies, start-up companies, etc. are demonstrating their determination to develop flying cars with practical actions and promise to put them into use as soon as possible.
For example, the Liberty Flying Car launched by PAL-V in the Netherlands is claimed to be the world's first mass-produced flying car. It has been certified by the European Aviation Safety Agency and the US Federal Air Traffic Administration and complies with road safety regulations. However, the price of this "Transformers" is not low. The price of the first batch of 90 limited editions of Liberty is as high as 4.07 million yuan, and will be officially delivered in 2019. The latter version of the regular version must be at least 2.71 million yuan, which is standard. Regal toys.
As for the domestic market, Geely Automobile is at the forefront. In 2017, Geely acquired a flying car company called Terrafugia, and in October last year launched the first flying car - Transition. According to the official introduction, Transition can travel on the ground and deform in the air in a short time. It is allowed to take two people, the air life is 640 kilometers, the top speed is 160 km/h, and the maximum flying height is 3048 meters. What is expected is that Geely has previously said that the flying car is expected to be launched in 2019, pre-sale price is more than 2 million yuan, and the first pre-order has been sold out. Unfortunately, Transition does not seem to be launched in China.
At first glance, the giants are working on developing a flying car and starting mass production. Does this mean that the flying car is really within reach? I want to analyze it objectively from the following aspects.
First of all, it is definitely a matter of laws and regulations. China's air traffic control is very strict. Even flying drones must be reported. Therefore, at present, China's corresponding laws and regulations for flying vehicles have not yet been introduced. However, in the United States, for example, the US government's policies and regulations have improved the supervision mechanism for flying vehicles, and they also have a series of uniform standards for flying cars. Therefore, the most important thing that needs to be solved in the future of flying cars is air traffic control.
Secondly, whether the flying car can popularize the public, the most realistic problem is of course the price. Whether it is the cost of research and development, or the cost of manufacturing similar to aircraft structures and components, and the power cost of driving a car, it is doomed that the price of a flying car and a conventional car are not at an equal weight. So how to reduce costs, so that flying cars are no longer the toys of the rich, but become the means of transportation for the general public, it is the most important issue for manufacturers.
Of course, in China, there are actually a few people who have the economic strength to buy flying cars. But how do they make them the first people to eat crabs? Simply put, how do you let them trust and buy your flying car? I think manufacturers need to consider a series of issues such as product quality and after-sales service. In fact, this is very similar to the situation of today's new car power. When faced with a new thing, people are not so easy to accept, it is difficult to get people's approval just by the immature products.
In addition, as far as consumers are concerned, it is not so easy to drive a flying car. Drivers not only need a car driver's license, but also a flight license, which indirectly increases a purchase threshold. However, as far as the current progress and trends of autonomous driving are concerned, the driverlessness may have been achieved by then, and this problem will be solved.
It can be seen that flying cars must truly achieve mass production and go to market. It is not a matter for flying car manufacturers. National legislatures, traffic management agencies, autopilot providers and consumers are all important links.

日本語版

あなたはサンタナを10年以上前に通りから運転しましたあなたはこの通りで最も扱いにくい子供です。近い将来、無人車があなたのそばを通り過ぎても、あなたはそれほど驚かないでしょう。時代は進歩し、技術は進歩しています。私はかつてアラビアンナイトの夢は今現実のものであると考えていました。
しかしながら、自動車産業の急速な発展はまた、人間にとって予想外の問題を引き起こしており、その中で「交通渋滞」は人々が直面したくないが直面しなければならない最も厄介なことである。最近、世界の交通渋滞都市ランキングで発表された、重慶のXiaobianは中国で最も遮断された都市になりました、本当に非常に心温まるです。したがって、都市にとって、道路の渋滞を回避するために広大な空を使用することは、将来の交通における新しい傾向のようです。
この目的に基づいて開発された「フライトカー」は、サイエンスフィクション映画から現実のものへとステップを踏み出したものです。現在、伝統的な自動車会社、旅行サービス会社、テクノロジー会社、新興企業などを含む数十社の大手企業が、実用的な行動で飛行車を開発するという決意を示しており、できるだけ早くそれらを実用化することを約束しています。
例えば、オランダでPAL-Vによって発売されたリバティフライングカーは、世界初の量産フライングカーであると言われています。欧州航空安全局および米国連邦航空交通局によって認定されており、交通安全規制に準拠しています。しかし、この「トランスフォーマー」の価格は安くはなく、Libertyの90の限定版の最初のバッチの価格は407万元と同じくらい高く、2019年に正式に納入される予定です。リーガルおもちゃ
国内市場に関しては、吉利汽車が最前線にある。 2017年に、GeelyはTerrafugiaと呼ばれる飛行車会社を買収し、そして昨年10月に最初の飛行車 -  Transitionを発売しました。公式の紹介によると、トランジションは短時間で地上で移動し、空中で変形することができ、2人で移動可能、エアライフは640キロメートル、最高速度は160 km / h、最大飛行高は3048メートルです。予想されるのは、Geelyが以前にフライングカーが2019年に発売されると予想されていることを言っていた、売出し前の価格は200万元以上であり、そして最初の予約注文は完売しました。残念ながら、移行は中国では開始されていないようです。
一見したところ、巨人たちはフライングカーの開発と量産の開始に取り組んでいますが、これはフライングカーが本当に手の届くところにあるということですか?以下の観点から客観的に分析したい。
中国の航空管制は非常に厳格であり、飛行ドローンでさえも報告されなければならないため、現時点では中国の対応する飛行中の法律や規制はまだ導入されていません。しかし、例えば米国では、米国政府の政策および規制により、飛行中の車両に対する監督メカニズムが改善されており、また、飛行中の車両に対する一連の統一基準もあります。したがって、将来の飛行中の車で解決する必要がある最も重要なことは航空管制です。
第二に、空飛ぶ車が一般大衆に広めることができるかどうか、最も現実的な問題はもちろん価格です。それが研究開発のコストであろうと、あるいは航空機の構造や部品と同様の製造のコストであろうと、そして自動車を運転するための電力コストであろうと、飛ぶ車と普通の車の価格は同じ重みではないのが運命です。飛行車がもはや金持ちのおもちゃではなく、一般大衆のための交通手段になるように、コストを削減する方法なので、それはメーカーにとって最も重要な問題です。
もちろん、中国では、実際に飛行車を買う経済的な力を持っている人が何人かいますが、どのようにしてカニを最初に食べさせるのでしょうか。簡単に言えば、どのように彼らはあなたの飛行車を信頼して買うのですか?製造業者は製品品質やアフターサービスなどの一連の問題を考慮する必要があると思います。実際、これは今日の新車パワーの状況と非常によく似ていますが、新しいことに直面したとき、人々はそれほど受け入れられない、未熟な製品だけで人々の承認を得ることは困難です。
さらに、消費者に関する限り、空飛ぶ車を運転することはそれほど簡単ではありません。運転手は車の運転免許証だけでなく、飛行免許証も必要とします。しかし、現在の自律走行の進歩と傾向に関する限り、それまでに無人運転が達成されている可能性があり、この問題は解決されるであろう。
フライングカーは本当に量産を達成して市場に出す必要があることがわかりますが、フライングカー製造業者にとっては問題ではありません国の立法機関、交通管理機関、オートパイロットプロバイダー、そして消費者はすべて重要なつながりです。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn