在坐上自动驾驶之前,我们可能先飞上天?

2019-06-27 22:30

今天上午,谷歌联合创始人佩奇创办的Kitty Hawk与波音公司正式达成战略合作,主要为了推广其空中“出租车”产品,cora。这对于近年来因为事故频发而业绩受挫的波音公司来说,无异于一剂强心剂。
Kitty Hawk是一家致力于“电动运输”方案的公司,而从其成立到现在,它的全部精力几乎都放在了对于“飞行汽车”的研究生产上。它旗下的空中出租车产品cora去年已经和新西兰航空达成协议,进行试点运营。而这一次Kitty Hawk选择与波音合作,应该是已经做好了万全准备,向着更大的市场蓄势待发。
飞行汽车的时代似乎已经很近了。
也许你会觉得,个人开着汽车在天上飞是只能是科幻小说里的桥段,没错,它很梦幻,但是人类却从未停止过对飞行的狂热。
早在1917年,就在莱特兄弟刚刚发明飞机没多久,一位美国工程师程师格·寇蒂斯制造了一款翼展长达12.2米的铝制飞行汽车Curtiss Autoplane。
虽然看起来,它就像是“一架飞机造成了汽车的样子”,但是它却是实打实的利用汽车发动机驱动,在地面上可以实现汽车功能,虽然最终Curtiss Autoplane只是实现了短距离的跳跃式“滑行”,却也称得起【飞行汽车鼻祖】这个称号。
从这以后,人类就开始了对于飞行汽车100年的折腾。
1921年法国工程师雷内·唐皮耶设计了一款名为“TampierRoadable”的飞行汽车,希望能在当年的巴黎航展上一鸣惊人,可是无奈,这个大家伙体重超标,仅仅只是踉跄的飞了几下,飞行速度24km/h,最后灰溜溜的退场。
在20世纪的前50年,虽然人类脑洞大开,却依然没有符合商用标准的飞行汽车出现,原因有很多。那时,汽车工业刚刚诞生不到一个世纪,连汽车都没定型,人们根本无暇顾及会飞的汽车应该是什么样子。二来,当时的材料科学,动力科学都还很羸弱,小型飞行器的翅膀无法折叠,占地面积大,重量重,不仅起飞困难,对汽车形态的地面驾驶也影响颇大。

cora空中出租车

真正符合现代思路的飞行汽车出现在五十年代。经过战争的洗礼,人类社会的整体工业水平和创造力上升了一个台阶。对于飞机的理解也有了很大的进步。人们开始意识到,机翼需要折叠起来才能解决飞行和陆地切换所面临的一系列问题。
在1953年,别克汽车工程师利兰德·布莱恩设计出了一款颇有现代感的飞行车Bryan Autoplane。这款飞行车由装载于车身后部的螺旋桨推动,最大的特色是机翼能够实现两次折叠,这已经非常接近现代飞行汽车的设计思路了。
不过遗憾的是兰德·布莱恩本人于1974年死于一次航展,这种安全性上的重大缺陷,给艰难发展的飞行汽车蒙上了一层阴影。
除了个人,大公司对于飞行汽车的探索也从未停止。1980年,在吸取了前人的教训之后,波音公司设计出了一款看似近乎完美的个人飞行载具,Sky Commuter。这款车采用了优良的空气动力学底盘,能够实现垂直起降,以此来最大限度的降低起飞和降落的难度。
不仅如此,波音公司在自己擅长的领域物尽其用。在拥有紧凑的结构同时还最大限度的提供了宽敞的内部空间,车身轻量化则采用了飞机轻量化的一套方案。
在动力上来说,Sky Commuter车的部分并不具有动力,其动力是由机载燃气涡轮发动机提供。不过Sky Commuter依然采用了飞机的驾驶模式,需要手柄式遥控,对于驾驶难度的提升着实不小。
一瞬间,仿佛世人瞥见了未来交通方式的大门,但是其昂贵的价格却让人们望而却步。高达600万美元的投资预算就连波音都极为挠头,在那个时代,这是一笔巨款,最后,Sky Commuter项目胎死腹中。从那之后,人类对于飞行汽车的探索进入了低潮。
但是俗话说的好:梦想总是要有的,万一实现了呢?
进入21世纪,汽车工业已经日臻成熟,从汽车本身来讲,已经少有关键性突破的技术出现了。而另一方面,由于全球汽车保有量的激增,交通拥堵成为了大问题,堵车带来了效率的降低,从而消解掉了汽车的优势,人们急于寻找新的突破。
互联网和计算机工业的巨大发展,催生了人工智能产业,而几乎在同一时间,人类又重启了另一条尘封已久的科技树,重新开始了对天空的向往。
最早一批进入这个领域的是一些小型创业企业。Terrafugia于2006年成立于美国,它开发出了一款只需30米助跑距离就能起飞的飞行汽车,Transition。这辆小车采用了折叠机翼的经典设计,可以最大限度的实现汽车和飞机的优势性能。不过它的操作依然是围绕飞机设计的,通过油门大小控制飞行汽车飞行速度,前后推拉驾驶杆控制飞行汽车俯仰,左右压杆和脚蹬方向舵控制飞行汽车方向。虽然它的创始人称,普通汽车驾驶员可以在2-5天内熟练控制。但是对于普通人来说,驾着它通勤还是一个不小的挑战。
Terrafugia在2017年被中国吉利公司收购,目前吉利已经发出预告,将在2019年下半年推出首款面向市场的飞行汽车。
不仅仅是小作坊,无数巨头也看到了这其中的商机,传统交通工具生产商,像日本丰田,阿斯顿马丁,空客也都加入了战局。
Uber在2017年底发布了其“飞行汽车”项目Elevate,计划于2020年占领空域。就连因特尔,腾讯等完全不搭边的企业也推出了自己的概念车型,准备分一杯羹。
时至今日,飞行汽车可谓是造车(机)行业里的第二大热门,虽然没有自动驾驶那般风光无限,却也是低调发育,蠢蠢欲动。
那么究竟,飞行汽车会不会领先智能驾驶技术,率先成为颠覆我们出行方式的新方向呢?
这个问题值得我们讨论。
一方面,飞行汽车虽然比传统汽车看起来需要更大的操作门槛,但是目前大部分厂商采用的都是“自动驾驶”模式。这种自动驾驶和我们平时讨论的自动驾驶不同,相比汽车,它要处理“公路变量”要少的多,毕竟你在天上不用考虑会有突然横穿马路的行人或是外卖小哥。
而飞行汽车在安全性方面还没有积累太多的案例。比如特斯拉掌门马斯克就是飞行汽车的忠实反对者,“我可不希望我有一天走在路上,被一个从天而降的轮毂砸死”。飞行汽车是否安全,目前还无据可依,公众是否能接受这种“撞一下就凉凉”的出行方式,还需要时间的验证。
而飞行汽车面临的最大压力,来自于我们的经济学原理。就目前的数据来看,飞行汽车的成本是还是很高的。一方面,飞行汽车需要相当高的能量密度,不仅要消耗大量的燃料,也使它的续航里程注定不会太高。
另一方面,如果大量的飞行汽车上天,就意味着我们的空管规则,城市规划需要全盘改变。在回答国家在什么时候能够允许飞行汽车上天的问题时,一位美国网友拿出了这样一个文件,在1974年,美国空管局承诺是【两年之后】,而一直到今天,这个答案依然是【两年之后】。
飞行汽车经历了百年发展,从最开始的懵懂探索,到经历低潮,再到百花齐放,人类从来没有放弃对这个朴素梦想的追逐。究竟何时才能看到如电影大都会一般漫天飞车的壮观景象呢?似乎很近,也似乎很远,不过无论如何,这都值得我们期待。

English version

This morning, Kitty Hawk, founded by Google co-founder Peggy, officially entered into a strategic partnership with Boeing to promote its aerial "taxi" product, cora. This is tantamount to a potent agent for Boeing, whose performance has been frustrated in recent years due to frequent accidents.
Kitty Hawk is a company dedicated to the "electric transport" program, and from its inception to the present, its full energy is almost on the research and production of "flying cars." Its air taxi product, cora, has reached an agreement with Air New Zealand last year for pilot operations. This time, Kitty Hawk chose to cooperate with Boeing, and it should be ready to go to a bigger market.
The era of flying cars seems to be very close.
Maybe you will think that a person driving a car in the sky can only be a bridge in science fiction. Yes, it is very dreamy, but humans have never stopped the frenzy of flying.
As early as 1917, just after the Wright brothers had just invented the aircraft, an American engineer, Cheng Shige Curtis, built a Curtiss Autoplane with a wingspan of 12.2 meters.
Although it seems that it is like "an airplane makes the car look like it", it is actually driven by the car engine, and the car function can be realized on the ground, although the Curtiss Autoplane only realizes the short-distance jump. "Sliding", but also can be called the title of [the originator of flying cars].
Since then, humans have begun to toss a 100-year flight to a flying car.
In 1921, French engineer Rene Donpie designed a flying car called "TampierRoadable", hoping to make a blockbuster at the Paris Air Show that year, but helpless, this big guy is overweight, just flying a few Next, the flight speed is 24km/h, and finally the dingy exit.
In the first 50 years of the 20th century, although human brains were wide open, there were still no flying cars that met commercial standards. There are many reasons. At that time, the automobile industry was just born less than a century ago, and even the cars were not stereotyped. People simply couldn’t take care of what the flying car should look like. Secondly, the materials science and dynamic science at that time were still very weak. The wings of small aircraft could not be folded. The floor space was large and the weight was heavy. It was not only difficult to take off, but also had a great influence on the ground driving of the car form.
Flying cars that truly conform to modern ideas appeared in the 1950s. After the baptism of war, the overall industrial level and creativity of human society has risen to a higher level. There has also been great progress in understanding the aircraft. People are beginning to realize that the wings need to be folded to solve a series of problems faced by flight and land switching.
In 1953, Buick Auto Engineer Liland Brian designed a modern car, the Bryan Autoplane. The flying car is propelled by a propeller mounted on the rear of the car. The biggest feature is that the wing can be folded twice, which is very close to the design of modern flying cars.
Unfortunately, Rand Brian himself died in an air show in 1974. This major security flaw has cast a shadow over the difficult development of flying cars.
In addition to individuals, the exploration of flying cars by big companies has never stopped. In 1980, after learning from the lessons of his predecessors, Boeing designed a seemingly perfect personal flight vehicle, Sky Commuter. The car features an excellent aerodynamic chassis that enables vertical takeoff and landing to minimize the difficulty of take-off and landing.
Not only that, but Boeing is doing its best in the areas that it excels. With a compact structure, it also provides a spacious interior space to the utmost, and the lightweight body is a lightweight solution.
In terms of power, the part of the Sky Commuter is not powered, and its power is provided by the onboard gas turbine engine. However, Sky Commuter still adopts the airplane's driving mode and requires a handle-type remote control, which is not a small improvement in driving difficulty.
For a moment, it seems that the world has seen the door to the future of transportation, but its expensive price has made people discouraged. The investment budget of up to 6 million US dollars was even extremely scratching on Boeing. In that era, this was a huge sum. Finally, the Sky Commuter project was dead. Since then, human exploration of flying cars has entered a low tide.
But as the saying goes: Dreams always have to be, if it is realized?
In the 21st century, the automobile industry has matured. From the perspective of the automobile itself, there have been few key breakthrough technologies. On the other hand, due to the surge in global car ownership, traffic congestion has become a big problem, traffic jams have brought about a reduction in efficiency, which has eliminated the advantages of cars, and people are eager to find new breakthroughs.
The tremendous development of the Internet and computer industry has spawned the artificial intelligence industry. At about the same time, humans have restarted another long-lost technology tree and resumed their yearning for the sky.
The earliest groups that entered this field were small start-ups. Founded in the United States in 2006, Terrafugia has developed a flying car that takes off at a distance of 30 meters and transitions. This car features a classic design of the folding wing to maximize the performance of the car and the aircraft. However, its operation is still designed around the aircraft. The speed of the flying car is controlled by the size of the throttle. The front and rear push-pull steering rods control the pitch of the flying car, and the left and right pressing rods and the rudder of the ankle control the direction of the flying car. Although its founder said that ordinary car drivers can be proficient in 2-5 days. But for ordinary people, driving it commuting is still a big challenge.
Terrafugia was acquired by China Geely in 2017. Geely has already issued a notice that will launch the first market-oriented flying car in the second half of 2019.
Not only small workshops, but also numerous business opportunities have been seen by numerous giants. Traditional vehicle manufacturers like Toyota, Aston Martin and Airbus have joined the battle.
Uber released its "flying car" project Elevate at the end of 2017 and plans to occupy the airspace by 2020. Even Intel, Tencent and other companies that are completely out of reach have also launched their own concept models, ready to take a share.
Today, flying cars are the second hottest in the car-making industry. Although there is no such thing as auto-driving, it is also low-key development.
So, is the flying car ahead of smart driving technology and the first to become a new direction to subvert the way we travel?
This issue is worth discussing.
On the one hand, although flying cars seem to require a larger operating threshold than traditional cars, most manufacturers currently use the "autopilot" mode. This kind of autonomous driving is different from the automatic driving we usually discuss. Compared with cars, it has to deal with "road variables" much less. After all, you don't have to think about pedestrians or takeaway brothers who suddenly cross the road.
Flying cars have not accumulated too many cases in terms of safety. For example, Tesla's head, Musk, is a loyal opponent of a flying car. "I don't want me to walk on the road one day and be killed by a wheel that descends from the sky." Whether the flying car is safe or not is still unfounded. Whether the public can accept this “cool and cool” way of travel will require time verification.
The biggest pressure on flying cars comes from our economic principles. As far as current data is concerned, the cost of flying cars is still very high. On the one hand, flying cars require a fairly high energy density, not only consume a lot of fuel, but also make its cruising range not too high.
On the other hand, if a large number of flying cars are in the sky, it means that our air traffic control rules and urban planning need to be completely changed. In response to the question of when the country can allow flying cars to go to heaven, a US netizen came up with such a document. In 1974, the US Air Traffic Control Administration promised [two years later], and until today, this answer remains Yes [after two years].
Flying cars have experienced a hundred years of development, from the initial ignorance and exploration, to the low tide, and then to the blossoms, humans have never given up on this simple dream. When will you be able to see the spectacular sights of a movie like a metropolis? It seems very close and seems far away, but in any case, it deserves our expectation.

日本語版

今朝、Googleの共同創設者Peggyによって設立されたKitty Hawkは、正式にその空中「タクシー」製品、coraを促進するためにボーイングと戦略的パートナーシップを結びました。これはボーイング社にとって有力な代理店であり、事故は頻繁に発生しています。
キティホークは「電気輸送」プログラムに専念している会社であり、そしてその創設から現在まで、その全力はほぼ「飛翔車」の研究と生産にあります。その航空タクシー製品、コーラは、パイロット運用のために昨年ニュージーランド航空との合意に達しました。今回は、キティホークはボーイングと協力することを選択しました、そしてそれはより大きな市場に行く準備ができているはずです。
空飛ぶ車の時代は非常に近いようです。
空を走っている人は空想科学小説の架け橋にしかなれないと思うかもしれませんが、それはとても夢のようですが、人間が飛行の狂乱を止めたことは一度もありません。
ライト兄弟が航空機を発明した直後の1917年には、アメリカ人エンジニアのCheng Shige Curtisが翼幅12.2メートルのCurtiss Autoplaneを建設しました。
Curtiss Autoplaneは短距離ジャンプしか実現していませんが、「飛行機は車をそのように見せる」ようですが、実際には車のエンジンで駆動され、車の機能は地上で実現できます。 「スライディング」だけでなく、[飛行車の創始者]の称号とも言える。
それ以来、人間は飛行車に100年の飛行を投げ始めました。
1921年、フランスのエンジニアRene Donpieが、その年のパリ航空ショーで大ヒットを狙って "TampierRoadable"と呼ばれるフライングカーを設計しました。次に、飛行速度は24km / hで、やっと薄汚い出口です。
20世紀の最初の50年間、人間の脳は広く開かれていましたが、商業基準を満たす飛行車はまだありませんでした。当時の自動車産業は一世紀も経たないうちに誕生したばかりで、自動車さえステレオタイプ化されたものではありませんでした。第二に、当時の材料科学や動的科学はまだ非常に弱く、小型の航空機の翼は折りたたむことができず、床面積が広く重量も重かったし、離陸するのが難しいだけでなく車体の地上走行にも大きな影響を与えた。
1950年代には、現代のアイディアに完全に準拠したフライングカーが登場しました。戦争のバプテスマの後、人間社会の全体的な産業レベルと創造性はより高いレベルに上昇しました。航空機の理解においても大きな進歩がありました。人々は、飛行と陸地の切り替えが直面する一連の問題を解決するために翼を折りたたむ必要があることを認識し始めています。
1953年、ビュイックオートエンジニアのリランドブライアンが現代の自動車、ブライアンオートプレーンを設計しました。空飛ぶ車は、車の後部に取り付けられたプロペラによって推進されます最大の特徴は、翼を2回折りたたむことができることであり、これは現代の空飛ぶ車のデザインに非常に近いです。
残念ながら、1974年にRand Brian自身が航空ショーで死亡しました。この重大なセキュリティ上の欠陥により、飛行中の車の開発が困難になっていることに影がつきました。
個人に加えて、大企業による飛んでいる車の探査は決して止まりません。 1980年に、彼の前任者の教訓から学んだ後に、ボーイングは一見完璧な個人用飛行車、スカイコミューターを設計しました。この車は、垂直離着陸を可能にし、離着陸の困難さを最小限に抑える、優れた空力シャーシを備えています。
それだけでなく、ボーイングはそれが優れている分野で最善を尽くしています。コンパクトな構造で、それはまた最大限に広々とした内部空間を提供し、そして軽量ボディは軽量の解決策です。
電力の面では、スカイコミューターの一部には電力が供給されておらず、その電力は搭載されているガスタービンエンジンによって供給されています。しかし、Sky Commuterはまだ飛行機の運転モードを採用しており、ハンドルタイプのリモコンを必要とします。これは運転の困難さを少し改善するものではありません。
しばらくの間、世界は交通の未来への扉を見てきたようですが、その高い価格は人々を落胆させました。ボーイング社にとって最大600万ドルの投資予算でさえも、非常に大きな負担になっていましたが、その頃はこれは大金になりました。それ以来、飛んでいる車の人間探査は干潮に入っています。
しかし、言説が行くように:夢が実現されるならば、夢は常にそうでなければなりませんか?
21世紀に入り、自動車産業は成熟し、自動車自体の観点からは、画期的な技術はほとんどありませんでした。一方で、世界的な自動車所有の急増により、交通渋滞は大きな問題となっており、交通渋滞は効率の低下をもたらし、それは自動車の利点を排除し、そして人々は新たなブレークスルーを見いだすことを切望している。
インターネットとコンピュータ産業の途方もない発展は人工知能産業を生み出しました、それとほぼ同時に、人間はもう一つの長い間失われていた技術の木を再開し、空への彼らの憧れを再開しました。
この分野に入った最も初期のグループは、小規模な新興企業でした。 2006年に米国で設立されたTerrafugiaは、30メートルの距離で移動するトランジションカーを開発しました。この車は車と航空機の性能を最大化するために折りたたみ翼の古典的なデザインを特徴とします。しかし、その動作は航空機を中心に設計されており、飛行車の速度はスロットルの大きさによって制御され、前後のプッシュプルステアリングロッドは飛行車のピッチを制御し、左右の押し棒と足首の舵は飛行車の方向を制御します。その創設者は、普通の車の運転手は2〜5日で熟練することができると言いましたが。しかし、普通の人々にとって、通勤を運転することはまだ大きな課題です。
Terrafugiaは2017年にChina Geelyに買収されました。Geelyはすでに2019年後半に最初の市場向けのフライングカーを発売するという通知を出しました。
トヨタ、アストンマーティン、エアバスなどの伝統的な自動車メーカーが参加して、小規模のワークショップだけでなく、数多くのビジネスチャンスが数多くの巨人によって見られてきました。
Uberは2017年末にその「空飛ぶ車」プロジェクトElevateをリリースし、2020年までに空域を占領する計画だ。完全に手が届かないIntel、Tencent、および他の企業でも、独自のコンセプトモデルを発表しており、すぐに利用することができます。
今日では、自動車製造業界で2番目に熱い車が飛んでいます自動運転のようなものはありませんが、それは控えめな発展です。
それで、スマートな運転技術より先に飛んでいる車と我々が旅行する方法を破壊するために新しい方向になる最初の人はいますか?
この問題は議論する価値があります。
一方では、飛行中の車は従来の車よりも大きな動作しきい値を必要とするように思われますが、ほとんどの製造業者は現在「オートパイロット」モードを使用しています。この種の自動運転は、私たちが通常話している自動運転とは異なりますが、自動車と比べて「道路の変動」を扱う必要がはるかに少ないので、結局のところ、道路を急に横断する歩行者や持ち帰り用の兄弟について考える必要はありません。
飛行車は安全性の面であまり多くのケースを蓄積していません。例えば、テスラの頭、ムスクは、飛んでいる車の忠実な対戦相手である。「ある日、私は道を歩いて空から降りてくる車輪で殺されたくない。」この「クールでクールな」旅行方法を一般の人が受け入れることができるかどうかは、時間の検証が必要になります。
飛行中の車への最大の圧力は私達の経済的な原則から来ます。現在のデータに関する限り、飛行車のコストは依然として非常に高いです。一方では、飛行中の自動車はかなり高いエネルギー密度を必要とし、大量の燃料を消費するだけでなく、航続距離をそれほど高くしないようにします。
一方、多数の飛行中の車が空にある場合、それは私たちの航空管制規則と都市計画を完全に変更する必要があることを意味します。 1974年、米国航空交通管制局は[2年後]と約束し、今日までこの答えは残っています。はい[2年後]
飛行車は最初の無知と探査から干潮まで、そして花まで百年の開発を経験しました、そして人間はこの単純な夢を決してあきらめませんでした。都会のような映画の壮観な光景はいつ見られるでしょうか。それは非常に近いように見え、遠くに見えますが、いずれにせよ、それは私たちの期待に値するものです。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn