汽车狂人还有更狂的设想,就是造出“飞行汽车”

2019-06-29 22:22

李书福作为中国第一大民营汽车集团吉利的掌门人,可说是“汽车狂人”。李书福不但入股奔驰、沃尔沃等大牌豪车,汽车狂人还有更狂的设想,就是造出“飞行汽车”。之前,在浙江杭州萧山区临江工业园,吉利太力飞车公司正在为旗下飞行汽车的国内产品导入和试制项目招聘工程技术人员,表明吉利另一项足以颠覆未来出行方式的新业务正悄然起航,吉利这次是要上天了!
李书福发展飞行汽车的规划在5年前就开始了。2016年吉利就与Terrafugia公司就收购问题展开协商,最终决定吉利掌控该公司绝大部分股份,并由中方主导管理企业和未来发展。去年11月13日,浙江吉利控股集团与美国Terrafugia飞行汽车公司达成协议,收购后者全部业务及资产。
这家公司就是大名鼎鼎的美国太力。美国太力在国内可能并不广为人知,但在科技界绝对是泰斗级存在。它是全球首家、美国最大的飞行汽车公司。它成立于2006年,其创始人是5个美国麻省理工大学的毕业生。未来Terrafugia的产品研发试制或将在美国完成,生产可能将放在中国。
李书福不但要造飞行汽车,还要造高速飞行列车。2018年11月,吉利宣布与中国航天科工集团有限公司签署战略合作协议。双方将开展高速飞行列车、工业互联网等领域重大项目合作。与传统高铁相比,高速飞行列车运行速度提升了10倍,最大速度可达到4000公里/小时。这一技术一旦实现,现有的交通方式将被彻底颠覆。

李书福

English version

As the head of Geely, China's largest private car group, Li Shufu can be said to be a "car madman." Li Shufu not only shares in Mercedes-Benz, Volvo and other big luxury cars, car madman has a more mad idea, is to create a "flying car." Previously, in Linjiang Industrial Park, Xiaoshan District, Hangzhou, Zhejiang, Geely Teli Express was recruiting engineers and technicians for the domestic product introduction and trial production of its flying vehicles, indicating that Geely’s new business, which is capable of subverting future travel modes, is quietly setting sail. Geely is going to be in the sky this time!
Li Shufu’s plan to develop a flying car began five years ago. In 2016, Geely negotiated with Terrafugia on the acquisition issue, and finally decided that Geely will control the majority of the company's shares, and the Chinese will lead the management of the company and future development. On November 13, last year, Zhejiang Geely Holding Group and the US Terrafugia Flying Motor Company reached an agreement to acquire all of the latter's business and assets.
This company is the famous American Taili. The US Taili may not be widely known in China, but it is definitely in the scientific and technological world. It is the world's first and largest flying car company in the United States. It was founded in 2006 and its founders are five graduates of the Massachusetts Institute of Technology. Future Terrafugia product development trials will be completed in the United States and production may be placed in China.
Li Shufu not only wants to build a flying car, but also builds a high-speed flight train. In November 2018, Geely announced that it signed a strategic cooperation agreement with China Aerospace Science and Industry Corporation. The two sides will carry out cooperation on major projects in the fields of high-speed flight trains and industrial Internet. Compared with the traditional high-speed rail, the high-speed flight train has increased its speed by 10 times and the maximum speed can reach 4,000 km/h. Once this technology is realized, the existing modes of transportation will be completely subverted.

日本語版

中国最大の自家用車グループである吉利の責任者である李淑福は、「自動車の狂人」と言えるでしょう。李Shfuはメルセデスベンツ、ボルボや他の大型高級車の株式だけでなく、車の狂人はより狂った考えを持っている、 "空飛ぶ車"を作成することです。以前は、杭州、浙江省蕭山区臨江工業団地で、国内製品の導入と飛行車の試作のために技術者と技術者を募集していたため、将来の旅行モードを覆すことができる吉利の新事業は静かに進出している。今回は吉利が空になるでしょう!
飛翔車を開発するというLi Shufuの計画は5年前に始まった。 2016年に、吉利は買収問題についてTerrafugiaと交渉し、そして最終的に吉利が同社の株式の過半数を支配することを決定し、そして中国は会社の管理と将来の発展をリードするでしょう。昨年11月13日、浙江吉利集団と米国のTerrafugia Flying Motor Companyは、後者の事業と資産のすべてを取得することに合意した。
この会社は有名なアメリカのTailiです。 US Tailiは中国では広く知られていないかもしれませんが、それは間違いなく科学技術の世界です。これは、世界で最初で最大のアメリカのフライングカー会社です。 2006年に設立され、創設者はマサチューセッツ工科大学の5人の卒業生です。将来のTerrafugia製品開発試験は米国で完了し、生産は中国で行われる可能性があります。
Li Shufuは、飛行中の車を作りたいだけでなく、高速の飛行列車も作りたいと考えています。 2018年11月に、Geelyは、China Aerospace Science and Industry Corporationと戦略的提携契約を締結したことを発表しました。双方は、高速飛行列車および産業用インターネットの分野における主要プロジェクトに関する協力を行う予定です。従来の高速鉄道と比較して、高速飛行列車はその速度を10倍に向上させ、最高速度は4,000 km / hに達することがあります。この技術が実現されると、既存の交通手段は完全に破壊されるでしょう。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn