飞行汽车还没普及,这些人就想办空中 F1 赛事了

2019-07-04 13:54

当 Google 联合创始人 Larry Page 「收集」的飞行汽车新创公司还在进行各种试飞,澳大利亚创业公司 Alauda 已经提出要把 F1 赛场搬到空中,让飞行赛车竞速前行了。

在本周的 Goodwood Festival of Speed 上,Alauda 对公众展示了空中赛车 Airspeeder Mk.IV。

据介绍,这款配备了八个转子的八轴飞行器时速最高可达 200 公里/小时,最终成品长度将超过 4 米,宽则约为 3.5 米,净重为 230 千克,设计风格灵感来自上世纪五六十年代 F1 赛车。

团队宣称,今年 11 月,他们将带着 Airspeeder Mk.IV 去到加州的莫哈韦沙漠进行试飞。

此外,他们还计划于 2020 年正式在离地 20 米的空中举办空中竞赛,希望可借此促进消费级多轴直升机发展,研发出公众能买到的「引领全球的飞行赛车」。

可预见的是,Alauda 想举办这个「空中 F1」,还需解决政府审批举办和保护驾驶员等安全问题。目前,Alauda 暂未提及以上方面的进展。

空中 F1

English version

When the co-founder Larry Page "collected" the flying car startups are still conducting various test flights, Australian startup Alauda has proposed to move the F1 race to the air and let the flying car race.

At this week's Goodwood Festival of Speed, Alauda showed the air racing Airspeeder Mk.IV to the public.

According to reports, this eight-rotor eight-axis aircraft can reach speeds of up to 200 km / h, the final product length will exceed 4 meters, the width is about 3.5 meters, the net weight is 230 kg, the design style is inspired by the last five F1 racing car in the sixties.

The team announced that in November this year, they will take Airspeeder Mk.IV to the Mojave Desert in California for a test flight.

In addition, they plan to hold an air race in the air 20 meters off the ground in 2020, hoping to promote the development of consumer-grade multi-axis helicopters and develop a "leading global racing car" that the public can buy.

It is foreseeable that Alauda wants to organize this "air F1" and also needs to address security issues such as government approval and protection of drivers. At present, Alauda has not mentioned the progress in the above aspects.

日本語版

共同創設者のLarry Pageがフライングカーのスタートアップを「集めた」ときに、まださまざまなテストフライトを行っているとき、オーストラリアのスタートアップ、AlaudaはF1レースを空にしてフライングカーレースをやめることを提案した。

今週のグッドウッドフェスティバルオブスピードでは、アラウダはエアレースAirspeeder Mk.IVを公開しました。

報告によると、この8ローターの8軸航空機は最大200 km / hの速度に達することができ、最終製品の長さは4メートルを超え、幅は約3.5メートル、純重量は230キロ、デザインスタイルは最後の5つに触発されます60年代のF1レーシングカー。

チームは今年11月に、彼らは試験飛行のためにカリフォルニアのモハーベ砂漠にAirspeeder Mk.IVを連れて行くことを発表しました。

さらに、消費者向けの多軸ヘリコプターの開発を推進し、一般大衆が買える「世界をリードするレーシングカー」の開発を目指して、2020年には地上20メートルで空中でのレースを行う予定です。

Alaudaがこの「航空F1」を組織したいと望んでおり、政府の承認や運転手の保護などの安全保障問題にも取り組む必要があることは予想できる。現在のところ、Alaudaは上記の側面の進歩について言及していません。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)

声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn