东京飞行汽车惊艳世界“未来奥运会”

2019-07-27 13:06

外国媒体称,如同一九九二年巴塞罗那奥运会开幕会上的“一箭打火”、2009年北京奥运会上选手腾空引燃圣火相同,历届奥运会都期待打火典礼可以给观众们留有深有感触。将要于2019年拉开序幕的日本奥运会也是如此,主办单位方案运用一辆汽车飞行汽车震撼全球,期待展示出填满现代感的将来夏季奥运会品牌形象。

7月28日报道,夏季奥运会必然吸引住来源于世界各国的激情游客,因而交通问题始终深受关心。日本国的子弹头列车闻名世界,日本奥运会期内其磁悬浮列车新项目将交付使用,火车车速达到每钟头700千米。以便处理整车运输难题,日本东京还发布了最大可配用六人的纯电动车。此外,自动驾驶的士也已经处在如火如荼的实验之中。

日本东京奥委会将在奥运会期内资金投入首批可以为观众们引路和开展多语种翻译的智能机器人。除此之外,也有的智能机器人可以协助行走不便的观众们运送行李箱,或是将饮品和食材送至看台上。

值得一提的是,日本政府从废弃电子产品中获取金银铜等金属材料原材料,用以生产制造奥运奖牌。这一举动最能体现这届夏季奥运会的环境保护精神实质。

7月28日报道,日本奥运会和残奥会圣火台的设计方案发展历程28日曝出。圣火台预估为球型,其基础核心理念是“太阳光”。然料层面,将应用在东日本大地震遭灾地福岛县浪江町新开设加工厂生产制造的氡气,

使其成为“振兴奥运会”的代表。应用全新电力能源的氡气做为圣火然料在奥运会有史以来可谓初次。

由日本国狂言高手野村万斋、动漫电影《迷失东京》的电影制片人川村原气等人构成的开闭幕式电影导演精英团队参加了圣火台设计方案。

现阶段探讨的方位是,将圆球样子的金属片设计方案为可动式,打火后,圆球开启,圣火从里边出去。为圣火出示然料的氡气应用了防腐剂,听说能够造成红、紫、绿等各色各样火苗。

举办方期待根据以氡气为圣火然料,向全球营销推广氢燃料电池车等日本国的高档技术性。圣火将于2019年3月13日为古希腊收集,随后航空件至日本国。3月27日,圣火将从福冈县去往,在全日本国接力传送,7月28日为新国立竞技场举办的奥运开幕式上引燃圣火台。

未来奥运会

English version

According to foreign media, as in the 1992 Barcelona Olympic Games opening ceremony, "one arrow hits the fire", the 2009 Beijing Olympic Games players vacated the sacred fire, the previous Olympic Games are looking forward to the fire ceremony can give the audience a deep Feeling. The same is true of the Japanese Olympic Games, which will kick off in 2019. The organizer's plan uses a car to fly around the world and is looking forward to showing the brand image of the future summer Olympics filled with modernity.

On July 28th, the summer Olympics will inevitably attract passionate tourists from all over the world, so the traffic problem has always been deeply concerned. Japan’s bullet trains are world-famous, and their new maglev trains will be delivered during the Japanese Olympics, with trains reaching 700 kilometers per hour. In order to deal with the problem of vehicle transportation, Tokyo, Japan has also released the largest electric vehicle that can be used with six people. In addition, autonomous taxis are already in full swing.

The Tokyo Olympic Committee of Japan will invest in the first batch of intelligent robots that can guide the audience and conduct multilingual translation during the Olympic Games. In addition, there are also intelligent robots that can help the inconvenient viewers transport their suitcases or send drinks and ingredients to the stands.

It is worth mentioning that the Japanese government has obtained raw materials such as gold, silver and copper from discarded electronic products to produce Olympic medals. This move best reflects the spirit of environmental protection in this Summer Olympics.

On July 28th, the development plan of the design plan for the Olympic Games and Paralympic Games in Japan was exposed on the 28th. The Holy Fire is estimated to be a spherical type, and its basic core concept is "sunlight." On the other hand, it will be applied to the new helium produced in the processing plant in Nagaemachi, Fukushima Prefecture, in the disaster area of the Great East Japan Earthquake.

Make it a representative of the "Revitalization of the Olympics." The use of new power and energy as a holy fire has been the first time in the history of the Olympic Games.

The opening and closing ceremonial film director elite team composed by the Japanese madman Nomura Nomura, the filmmaker of the anime film "Lost in Tokyo" and other people, participated in the design of the flame station.

At this stage, the orientation is that the design of the metal piece of the ball is movable. After the fire, the ball opens and the flame goes out from inside. Preservatives were applied to the suffocating gas of the Holy Fire. It was said that it could cause various flames such as red, purple and green.

The organizers are looking forward to promoting the high-end technicality of Japan, such as hydrogen fuel cell vehicles, to the global market based on the sacred sacred fire. The flame will be collected for ancient Greece on March 13, 2019, and then airborne to Japan. On March 27th, the holy fire will travel from Fukuoka Prefecture, relayed throughout Japan, and ignited the Holy Fire on the opening ceremony of the Olympic Games held on July 28th for the New National Arena.

日本語版

外国のメディアによると、1992年のバルセロナオリンピックの開会式のように、「1本の矢が火に当たった」、2009年の北京オリンピックの選手たちは神聖な火を放棄した。気分です。 2019年に開幕する日本オリンピックについても同じことが言えます。主催者の計画では、車を使って世界中を飛び回り、将来の夏季オリンピックのブランドイメージが現代に満ちたものになることを楽しみにしています。

7月28日、夏季オリンピックでは必然的に世界中からの情熱的な観光客が集まるので、交通問題は常に深く懸念しています。日本の新幹線は世界的に有名で、新しいリニアモーターカーは日本オリンピックの間に運行され、時速700キロメートルに達します。自動車輸送の問題に対処するために、東京は、日本も6人で使用できる最大の電気自動車をリリースしました。また、自律タクシーはすでに本格化しています。

東京オリンピック委員会は、観客を導き、オリンピックの間に多言語翻訳を行うことができる最初の知能ロボットに投資します。さらに、不便な視聴者がスーツケースを運んだり、飲み物や食材をスタンドに送ったりするのを助けることができるインテリジェントロボットもあります。

日本政府が廃電子製品から金、銀、銅などの原材料を入手してオリンピックメダルを製造したことは言及に値する。この動きは、この夏季オリンピックにおける環境保護の精神を最もよく反映しています。

7月28日、日本のオリンピックとパラリンピックのデザインプランの開発計画が28日に公開されました。聖なる火は球形であると推定されており、その基本的な基本概念は「日光」です。一方、東日本大震災の被災地である福島県長江町の加工工場で生産される新ヘリウムにも適用されます。

それを「オリンピックの活性化」の代表にしてください。聖火としての新しい電力とエネルギーの使用は、オリンピックの歴史の中で初めてのことです。

日本の狂人野村、アニメ映画 "Lost in Tokyo"などの映画作家によって結成された開閉式の映画監督のエリートチームは、炎の駅のデザインに参加しました。

この段階では、ボールの金属片のデザインは移動可能であり、発砲後はボールが開き、内側から炎が消えます。聖火の窒息ガスには防腐剤が使用されており、赤、紫、緑などさまざまな炎を引き起こす可能性があると言われています。

主催者は、水素燃料電池自動車などの日本のハイエンドな技術力を、神聖な聖火に基づいて世界市場に広めることを楽しみにしています。炎は2019年3月13日に古代ギリシャのために集められて、次に日本に空輸されます。 3月27日、聖火は福岡県から全国に渡り、7月28日に開催された新国立競技場の開会式で聖火に火をつけました。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)

声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn