看飞行汽车的过往和未来 飞行汽车近代发展/失败原因

2019-08-02 16:09

汽车发明距今100多年,飞机发明距今也有100多年,这么长的时间段内,人类一直在尝试将他们融合在一起 ,从未停止。其实,造出来容易,但真正让它变得实用太难。我们曾经造出过无数款飞行汽车的试验品,但目前为止,全世界范围内依旧没有一款真正量产并且可用的飞行汽车。

近代发展:脑洞大开

飞行汽车发展到近代就到了脑洞大开的时刻,看起来并不像将汽车和飞机简单拼凑一起那么简单,然并卵,还是没有一台实用的。

1989年:三栖交通工具

一位美国波音公司的工程师做了一个叫做Sky Cummter的三栖工具,可以在车、船、飞机3个角色中切换。但这个由三个螺旋桨推进器的机器,在首飞的时候就坠毁了。其研发经费据说花掉了600万美元。

1991年:垂直起降

发明家Paul Moller在飞行汽车上耗费了整整五十年之后,最终产物是一台能垂直起降的M400。按照设计理念,它的飞行极速超过600km/h,最多可以搭载 4 人,最大飞行高度9000m,航程1500km。

现实总是太骨感,真实情况是:它仅能完成垂直起降。

2005年:三轮直升机

荷兰人约翰·巴克尔发明了这个旋翼机+三轮摩托的解决方案,体积小,机翼折叠起来也不会占用多大面积。但是看这身板儿,在陆地上跑哪有任何舒适性可言。再说,这单薄的小身板撞起来也很难保证车内乘员安全。

2009年:仍在画大饼

2006年,Terrafugia公司开始研发飞行汽车,3年后,2009年5月,Terrafugia的首款产品Terrafugia Transition首飞并获得成功。

截至目前,这款车仍是原型车状态,没并量产。但它也一直不断在更新,已经到了第三代原型车,其官方报价27.9万美元。最近的消息是,Terrafugia公司在2017年4月宣布,公司未来3年内会全力以赴,加紧测试研发,为最终的量产做准备。

吉利收购飞行汽车公司了,这是要上天

拿下宝腾和路特斯后,没隔几日,吉利又出手收购飞行汽车公司Terrafugia。

Terrafugia Transition

根据官方资料,Transition有两个座位,空中续航为640km,极速160km/h。机翼可折叠,以减少在陆地的占地面积,并且支持自动飞行的功能。

这家公司还设计过一款TF-X的概念飞行汽车。它的设计目标是在空中的续航里程800km,空中极速160km/h,当然这一切都还停留在PPT上,没实现之前都是虚的。

TF-X概念飞行汽车

看这阵势,吉利是要在飞行汽车上赌一把,但未来交通的解决方案里真的有飞行汽车的一席之地吗?反正就目前的状况,还看不到那个大车厂会对它看好,倒是空客公司,在2017日内瓦车展上带来了一个飞行汽车的概念版,并展示了它对飞行汽车工作的理解。

空客竟然也来插一脚

2017年3月的日内瓦车展上,波音公司带来了他们全队飞行汽车的设计理念, Pop.Up概念车。这也是飞行汽车发展这么多年来首次有国际巨型厂商参与,之前那些,都是小团队的小打小闹。

飞行汽车过往

English version

Since the invention of the car more than 100 years ago, the invention of the aircraft has been more than 100 years ago. During such a long period of time, humans have been trying to integrate them and never stop. In fact, it is easy to make, but it is too difficult to make it practical. We have produced trials of countless flying cars, but so far, there is still no flying car that is truly mass-produced and available worldwide.

Modern development: brain opening

The development of flying cars to modern times has reached the moment when the brains are wide open. It doesn't look as simple as car and airplane, but there is still no practical one.

1989: amphibious transport

An American Boeing engineer made an amphibious tool called Sky Cummter that could switch between three roles: car, boat, and airplane. But the machine, powered by three propellers, crashed when it first flew. Its research and development funding is said to have cost $6 million.

1991: Vertical takeoff and landing

After the inventor Paul Moller spent a full 50 years on the flying car, the final product was a M400 that could take off and land vertically. According to the design concept, its flying speed exceeds 600km/h, it can carry up to 4 people, the maximum flying height is 9000m, and the voyage is 1500km.

The reality is always too boney, the real situation is: it can only complete vertical takeoff and landing.

2005: Three-wheeled helicopter?

The Dutchman John Barker invented the solution for this rotorcraft + three-wheeled motorcycle, which is small in size and does not occupy much space when the wings are folded. But look at this body, there is any comfort in running on land. Moreover, it is difficult to ensure the safety of the occupants in the car when the thin body is hit.

2009: Still drawing a big pie

In 2006, Terrafugia began to develop flying cars. Three years later, in May 2009, Terrafugia's first product, the Terrafugia Transition, first flew and succeeded.

As of now, this car is still in the state of prototype, not mass production. But it has also been constantly updated, has reached the third generation of prototype cars, its official offer of 279,000 US dollars. The latest news is that Terrafugia announced in April 2017 that the company will go all out in the next three years to step up testing and research and development to prepare for the final mass production.

Geely acquired the flying car company, this is going to heaven

After winning the Proton and Lotus, Geely took over the acquisition of the flying car company Terrafugia.

Terrafugia Transition

According to official sources, Transition has two seats, with a range of 640km in air and a top speed of 160km/h. The wings are foldable to reduce the footprint on land and support the ability to fly automatically.

Terrafugia Transition

The company also designed a concept flying car with the TF-X. Its design goal is 800km in the air, and the air speed is 160km/h. Of course, all of this still stays on the PPT. It is virtual before it is realized.

TF-X concept flying car

Looking at this battle, Geely is going to gamble on a flying car, but is there really a place for flying cars in the future transportation solution? Anyway, as far as the current situation is concerned, it is not clear that the big car manufacturer will be optimistic about it. Instead, Airbus has brought a concept version of a flying car at the 2017 Geneva Motor Show and demonstrated its understanding of the work of flying cars.

Airbus even took a kick

At the Geneva Motor Show in March 2017, Boeing brought the design concept of their team's flying cars, the Pop.Up concept car. This is also the first time in many years that the development of flying cars has participated in the international giant manufacturers. Before that, they were all small teams.

日本語版

100年以上前の自動車の発明以来、100年以上前の航空機の発明が行われてきました。実際、作るのは簡単ですが、実用的にするのは難しすぎます。私たちは無数のフライングカーの試作品を製造してきましたが、これまでのところ、本当に大量生産され世界中で入手可能なフライングカーはまだありません。

現代の開発:脳の開口部

飛んでいる車の近代への発展は、脳が大きく開いた瞬間に達しましたそれは車や飛行機のように単純には見えませんが、まだ実用的なものはありません。

1989年:水陸両用輸送

アメリカのボーイングのエンジニアは、Sky Cummterと呼ばれる水陸両用のツールを作成しました。これは、自動車、ボート、飛行機の3つの役割を切り替えることができます。しかし、3機のプロペラを動力とする機械は、最初の飛行時には墜落しました。同社の研究開発費は600万ドルと言われています。

1991年:垂直離着陸

発明者Paul Mollerが飛行車に50年間を費やした後、最終製品はM400で、離陸して垂直に着陸することができました。デザインコンセプトによると、その飛行速度は毎時600キロを超え、それは4人まで運ぶことができ、最大飛行高さは9000メートルであり、そして航海は1500キロです。

現実はいつも卑劣すぎ、本当の状況はそれは垂直離着陸しかできないということです。

2005年:三輪ヘリコプター?

オランダ人のジョン・バーカーは、この回転翼機+三輪オートバイのための解決策を発明しました。そしてそれはサイズが小さくて、そして翼が折り畳まれるとき多くのスペースを占めません。しかし、この体を見て、陸上を走ることにはどんな快適さもあります。さらに、薄い車体がぶつかったときに車内の乗員の安全を確保することは困難である。

2009年:まだ大きなパイを描く

2006年、Terrafugiaはフライングカーの開発を開始し、3年後の2009年5月、Terrafugiaの最初の製品であるTerrafugia Transitionが最初に飛んで成功しました。

今のところ、この車はまだ量産ではなくプロトタイプの状態にあります。しかし、それはまた絶えず更新されていて、279000ドルのその公式のオファー、プロトタイプ自動車の第三世代に達しました。最新のニュースは、Terrafugiaが2017年4月に、同社が今後3年間で全力を尽くしてテストと研究開発を強化し、最終的な大量生産に備えることを発表したことです。

穏やかに飛んでいる自動車会社を買収しました、これは天国に行きます

ProtonとLotusを獲得した後、Geelyは飛行車会社Terrafugiaの買収を引き継ぎました。

Terrafugiaトランジション

公式情報筋によると、トランジションには2つの座席があり、航続距離は640km、最高速度は160km / hです。翼は陸上での設置面積を減らすために折りたたみ式で、自動的に飛行する能力をサポートします。

Terrafugiaトランジション

TF-Xを搭載したコンセプトフライングカーも設計しました。設計目標は空中で800km、対空速度は160km / hですが、もちろんこれらはすべてPPTのままであり、実現する前は仮想的なものです。

TF-Xコンセプトフライングカー

この戦いを見て、Geelyは飛んでいる車でギャンブルしようとしています、しかし将来の交通ソリューションで本当に飛んでいる車のための場所がありますか?とにかく、現在の状況に関する限り、大手自動車メーカーがそれについて楽観的になるかどうかは明らかではなく、エアバスは2017年ジュネーブモーターショーでフライングカーのコンセプトバージョンを発表し、フライングカーの仕事に対する理解を示しました。

エアバスもキックをしました

2017年3月のジュネーブモーターショーで、ボーイングは彼らのチームのフライングカーのデザインコンセプト、Pop.Upコンセプトカーを発表しました。フライングカーの開発が国際的な大手メーカーに参加したのは、これが長年に渡って初めてのことです。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)

声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn