日本飞行汽车,2030年即将保持载客航空

2019-08-06 21:54

日本国电气公司(NEC)8月5日试飞了一辆汽车“飞行汽车”。这架形近无人飞机、配有4个飞机螺旋桨的设备半空中稳定回旋了大概1分钟,飞行高度达3米。

据报导,试飞去日本电气公司坐落于日本东京区的检测场所开展,为安全性无误,四轴飞行器升降机全线都会1个巨笼中开展。试飞前,测试工程师一再查验了四轴飞行器,并让到场新闻记者戴上安全头盔。任何就绪后,测试工程师开展了2次简洁明了的试飞演试。

日本国电气公司表达,发展趋势“飞行汽车”的目地大部分是为保持没有人航空配送。“飞行汽车”选用了该企业在太空飞行、互联网安全保卫等层面的技术性。

日本政府全力支持发展趋势“飞行汽车”产业链,并期待能在2030年保持载客上空航空的希望。

2018年,日本国初创公司Cartivator产品研发的“飞行汽车”曾在多次试飞演试时失事。该公司总裁鸿福智弘在5日的试飞主题活动上强调,对比2018年,最近该企业的四轴飞行器早已创出了更长航空時间的纪录。

Cartivator的“飞行汽车”产品研发方案得到逾90家日企的冠名赞助,除日本国电气公司外,还包含丰田汽车公司及电玩企业万代南梦宫(Bandai Namco)。

近些年,“飞行汽车”的定义趋之若鹜。美国网络约车大佬uber(Uber)发布的Uber Air方案于2019年开展试飞演试,并且于2023年起动商业服务航空。现阶段,uber已选中达拉斯、纽约、悉尼为Uber Air的第一批服务项目大城市。

日本官员表示,日本希望成为“飞行汽车”领域的领军者,为此日本政府和企业界将紧密合作。

日本飞行汽车

English version

Japan National Electric Corporation (NEC) flew a car "flight car" on August 5. The nearly unmanned aircraft, equipped with four aircraft propellers, steadily circulated in midair for about 1 minute and flying at a height of 3 meters.

According to reports, the test flight to Japan Electric Co., Ltd. is located in the testing site in Tokyo, Japan. For safety reasons, the four-axle aircraft lift will be carried out in a giant cage. Before the test flight, the test engineer repeatedly checked the quadcopter and put the safety journalist on the scene. After any preparation, the test engineer conducted two concise test flight tests.

Nippon Electric Co., Ltd. stated that the development trend of "flying cars" is mostly aimed at maintaining air distribution without people. "Flying car" chose the technology of the company in space flight, Internet security and other aspects.

The Japanese government fully supports the development trend of the "flight car" industrial chain, and looks forward to the hope of maintaining passenger air over 2030.

In 2018, the "flying car" developed by the Japanese startup Kativator product had crashed during many test flights. The company's president, Hong Fu Zhihong, stressed on the 5th test flight theme event that compared with 2018, the company's four-axis aircraft has already set a record for longer aviation time.

Cartivator's "Flight Car" product development program has been sponsored by more than 90 Japanese companies. In addition to Japan Electric Corporation, it also includes Toyota Motor Corporation and video game company Bandai Namco.

In recent years, the definition of "flight car" has become more and more popular. The Uber Air program released by Uber (Uber) in the United States launched a test flight test in 2019 and started commercial service aviation in 2023. At this stage, Uber has selected Dallas, New York, and Sydney as the first major service cities for Uber Air.

Japanese officials said that Japan hopes to become a leader in the field of "flying cars", and the Japanese government and business community will work closely together.

日本飞行汽车

日本語版

日本電気株式会社(NEC)は、8月5日に自動車「フライトカー」を飛行しました。 4機のプロペラを装備したほぼ無人の航空機は、約1分間空中で着実に循環し、3メートルの高さで飛行しました。

日本電気株式会社への試験飛行は日本の東京の試験場にあるとの報告によると、安全上の理由から、4軸の航空機リフトは巨大なケージで行われます。テスト飛行の前に、テストエンジニアはクアッドコプターを繰り返しチェックし、現場に安全ジャーナリストを配置しました。準備が整った後、テストエンジニアは2つの簡潔なテストフライトテストを実施しました。

日本電気は、「空飛ぶ車」の開発動向は、主に人のいない空気の流通を維持することを目的としていると述べた。 「空飛ぶ車」は、宇宙飛行、インターネットセキュリティなどの分野で同社の技術を選択しました。

日本政府は、「フライトカー」産業チェーンの開発動向を全面的に支持し、2030年まで旅客空気を維持することを期待しています。

2018年、日本のスタートアップKativator製品によって開発された「空飛ぶ車」は、多くのテスト飛行中にクラッシュしました。同社の社長であるHong Fu Zhihongは、2018年と比較して、同社の4軸航空機はすでに長い飛行時間の記録を樹立した5回目のテスト飛行テーマイベントで強調しました。

Cartivatorの「Flight Car」製品開発プログラムは、日本電気株式会社に加えて、トヨタ自動車株式会社とビデオゲーム会社のバンダイナムコを含む90社以上の日本企業が後援しています。

近年、「フライトカー」の定義はますます一般的になっています。 Uber(Uber)が米国でリリースしたUber Airプログラムは、2019年に試験飛行試験を開始し、2023年に商用サービス航空を開始しました。この段階で、UberはUber Airの最初の主要サービス都市としてダラス、ニューヨーク、シドニーを選択しました。

日本当局は、日本は「空飛ぶ車」の分野でリーダーになりたいと考えており、日本政府と経済界は密接に協力するだろうと述べた。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn