天哪,汽车居然能飞了?

2019-04-29 23:39

“有本事你飞过去呀!”在路上被后面的车不停鸣喇叭催促的时候,我们忍不住会怼一句。其实堵急了的时候,我自己也希望自己的车能飞过去。现在,这个希望要实现了,因为能飞的汽车已经造出来,并且已经开始销售,就看哪天能“飞入寻常百姓家”了。

飞行汽车去年就已经出现在车展上
在去年3月欧洲某车展上,已经有一款飞行汽车闪亮首秀,并接受预订。它有两个版本,售价不到400万人民币,显然目前属于有钱人的高级用品,我等普通人只能暂时好奇和羡慕。此外它要飞起来还需要近170米长的跑道,这也不是城市或居民密集区能具有的条件。在加满汽油的情况下,它可以飞行300多公里或行驶1000余公里。
如果你嫌这款飞行汽车太贵的话,吉利的飞行汽车就要便宜得多,只需要100多万人民币,相当于一辆豪车的费用。这是该公司购买的一家米国企业研发,飞机的两翼可以折起来,车型不大,车库里就能停放。车上可以坐两个200来公斤的人,行驶时的速度可达到100余公里,飞起来的速度能接受200公里。需要的助推跑道为300米,比前面提到的要短得多。、

吉利的飞行汽车已经进入商用阶段
今年4月初,中奥联合研制的“空中汽车”也在奥地利的首都试飞成功,可以搭载两个人,目标是商业用途,主要提供距离不长的运送服务,据称已经获得了几千份订单。
除了吉利,红旗也在加紧对飞行汽车的研发,计划2020年能够试运行。
看到中国在多个汽车领域都有不错的成就,我感觉很开心。其实在这一领域,欧、美、日等多个企业都没闲着。日本与美国合作,正准备开展试验,计划五六年后推出能够商用的产品。欧洲的汽车和飞行企业已经开展合作,计划10年内进入市场。美国的飞机制造企业也在着手研发此项目。

中日美洲都在飞行汽车项目上较劲
我觉得,现在很多传统领域的界限都在日益打破,互相整合嫁接,研发出新产品,并对传统领域形成颠覆式的冲击和改革。虽然飞行汽车将带来一系列的法律问题,如空间交通管理、噪音防治及隐私保护等,但无疑随着技术的进步和完善,它将给我们的生活带来更丰富的体验和更大的方便。虽然有些人对这项新技术唱衰,但我更愿意以乐观的心情来期待。让我们拭目以待吧。

商用飞行汽车

English version

"You have the ability to fly over!" When the road was rushed by the back of the car, we couldn't help but swear. In fact, when I was in a hurry, I also hoped that my car would fly. Now, this hope has to be realized, because the flying car has been built and has already started to sell, it depends on which day it can "fly into the homes of ordinary people".

The flying car has appeared at the auto show last year.
At a car show in Europe last March, there was already a flying car show, and accepted the reservation. It comes in two versions and sells for less than RMB 4 million. Obviously it is currently a high-end item for the rich. I can only be temporarily curious and envious of ordinary people. In addition, it needs to fly nearly 170 meters long, which is not a condition that can be found in urban or residential areas. In the case of filling up with gasoline, it can fly more than 300 kilometers or travel more than 1,000 kilometers.
If you think that this flying car is too expensive, Geely's flying car will be much cheaper, only need more than 1 million yuan, which is equivalent to the cost of a luxury car. This is a company developed by the company. The two wings of the aircraft can be folded up, the model is not big, and the garage can be parked. You can take two people of 200 kilograms in the car, the speed can reach more than 100 kilometers while driving, and the speed of flying can accept 200 kilometers. The required boost runway is 300 meters, which is much shorter than previously mentioned. ,

Geely's flying car has entered the commercial stage
At the beginning of April this year, the "Air Car" jointly developed by China and Austria was also successfully tested in the capital of Austria. It can carry two people. The target is commercial use. It mainly provides transportation services with a short distance. It has been said that it has obtained thousands of orders.
In addition to Geely, Red Flag is also stepping up research and development on flying vehicles, and plans to test it in 2020.
I feel very happy to see that China has achieved good results in many automotive fields. In fact, in this field, Europe, the United States, Japan and other companies are not idle. Japan is working with the United States and is preparing to conduct trials, with plans to launch commercially viable products in five or six years. European car and flight companies have already cooperated and plan to enter the market within 10 years. Aircraft manufacturing companies in the United States are also working on the development of this project.

China, Japan and the Americas are all on the flight car project
I feel that the boundaries of many traditional fields are now increasingly broken, integrated and grafted, developing new products, and creating subversive shocks and reforms in the traditional field. Although flying cars will bring a series of legal issues, such as space traffic management, noise prevention and privacy protection, but with the advancement and improvement of technology, it will bring a richer experience and greater life to our lives. Convenience. Although some people are dying of this new technology, I am more willing to look forward to optimism. Let us wait and see.

日本語版

「あなたは飛び越える能力を持っています!」道路が車の後部に急行されたとき、私たちは誓うしか仕方がありませんでした。実際、私が急いでいたとき、私は私の車が飛ぶことを願っていました。さて、この希望は実現されなければなりません、飛んでいる車が造られてそしてすでに売り出し始めているので、それがそれがそれが「普通の人々の家に飛ぶ」ことができる日によって異なります。

昨年のオートショーには飛んでいる車が登場しました。
昨年3月にヨーロッパで開催された自動車ショーでは、すでに飛行中の自動車ショーがあり、予約を受け付けていました。 2つのバージョンがあり、400万元未満で売られていますが、現在は金持ちの高級品であることは明らかです。さらに、長さ170メートル近く飛行する必要がありますが、これは都市部や住宅地では見られない状況です。ガソリンでいっぱいになる場合、それは300キロメートル以上飛ぶか、または1,000キロメートル以上を旅行することができます。
あなたがこのフライングカーが高すぎると思うならば、吉利のフライングカーははるかに安くなるでしょう、たった100万元以上を必要とする、そしてそれは高級車のコストと同等です。これは同社が開発した会社で、航空機の両翼を折りたたむことができ、モデルは大きくなく、ガレージを駐車することができます。あなたは車の中で200キログラムの2人を連れて行くことができます、運転している間速度は100キロメートル以上に達することができます、そして飛ぶ速度は200キロメートルを受け入れることができます。必要なブースト滑走路は300メートルで、これは前述のものよりはるかに短いです。 、

吉利の飛行車は商業段階に入った
今年4月上旬には、中国とオーストリアが共同開発した「エアカー」もオーストリアの首都でのテストに成功し、2人で移動可能で、商用利用が主流で、主に短距離輸送サービスを提供しています。
Geelyに加えて、Red Flagは飛行中の車両の研究開発も強化しており、2020年にテストする予定です。
中国が多くの自動車分野で良い結果を達成したことをとても嬉しく思います。実際には、この分野では、ヨーロッパ、アメリカ、日本および他の会社はアイドル状態ではありません。日本は米国と協力して試験を行う準備をしており、5〜6年以内に商業的に実現可能な製品を発売する予定です。ヨーロッパの自動車会社と航空会社はすでに協力しており、10年以内に市場に参入することを計画しています。アメリカの航空機製造会社もこのプロジェクトの開発に取り組んでいます。

中国、日本、南北アメリカはすべてフライトカープロジェクトに参加しています
私は、多くの伝統的な分野の境界がますます壊れ、統合され、移植され、新製品を開発し、そして伝統的な分野で破壊的な衝撃と改革を生み出していると感じています。飛行中の車は、宇宙交通管理、騒音防止、プライバシー保護などの一連の法的問題をもたらすでしょうが、技術の進歩と進歩によって、私たちの生活に豊かな経験とより大きな人生をもたらします。便利です。何人かの人々がこの新しい技術で死にかけていますが、私は楽観主義を楽しみにしています。待って見ましょう。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn