“空中出租车”引爆投资热,6座纯电动垂直起降,时速300公里

2019-05-20 22:46

电动汽车、电池技术和自动驾驶软件的进步,引发了飞行汽车领域的一场爆炸。全球各大科技资本巨头纷纷投资飞行汽车领域。由中国腾讯(Tencent)等投资公司共同注资9000万美元的德国科技公司Lilium,在不到两年的时间里,依靠最初30人,现在300人的团队,完成了全电动六座飞行汽车的开发,近日实现首次试飞。在该公司提供的一段视频中,可以看到Lilium飞行汽车像直升机一样垂直起飞,短暂盘旋,然后着陆。这是飞行汽车行业的一项最新成果,表明我们在现实生活中可能很快就能看到空中出租车。
Lilium公司的这款飞行汽车名为Lilium Jet,它有36个引擎,可以垂直起飞,最高时速300公里,航程300公里。它可以由飞行员驾驶,也可以无人驾驶。它的设计非常简单,没有尾翼,没有方向舵,没有螺旋桨和变速箱。这款飞行汽车瞄准的是未来的空中出租车市场,因此,设计团队花费了很多心思来提升乘客的体验,例如全景窗和鸥翼门。该公司不愿透露关于这款飞行汽车的自身重量的任何细节,只是宣称,它能够搭载5名乘客和一名飞行员,它的有效载荷在同行业中处于领先地位。
Lilium公司预计,到2025年,该公司的空中出租车就能投放市场,提供约车、载客等服务。到那时,乘客可以预订一辆空中出租车,从特制的停机坪出发,体验1小时左右的空中短途旅行。
行业分析师评论说,Lilium公司的这架飞行汽车现在的研发进展超过了其他竞争对手。其他公司也在努力推出自己的飞行出租车服务,典型的代表有4家:
空客(Airbus)最新的瓦哈纳(Vahana)原型机阿尔法一号(Alpha One)已于2018年2月成功完成首次试飞。这架全电动自动驾驶飞行汽车在试飞中,垂直起飞后达到了5米的高度,在空中停留了53秒,然后安全返回地面。
总部位于美国底特律的初创企业AirSpaceX是另一家试图将出租车送上天空的公司。这家公司承诺,到2026年,将在美国50个最大城市部署2500架飞行汽车。2018年初,AirSpaceX公司在北美国际车展上展示了其最新的原型机Mobi-One。这款飞行汽车的设计目标是搭载两到四名乘客,能够垂直起降。该公司表示,除了客运和货运服务,这款飞行汽车还可以用于医疗和伤员疏散,以及战术情报、监视和侦察(ISR)。
以丰田(Toyota)和英特尔(Intel)为首的投资方投资了1亿美元给位于美国加州的初创公司佐比航空(Joby Aviation),这笔资金将用于开发该公司的“megadrone”,它由锂镍钴锰氧化物电池供电,设计指标是达到每小时321公里的速度。Joby S2原型机有16个电动螺旋桨,其中12个用于垂直起降,在升空后这12个螺旋桨收起,像飞机一样滑翔。
谷歌母公司Alphabet的首席执行官拉里佩奇(Larry Page)以个人名义投资了几百万美元给两家初创公司Zee Aero和Kitty Hawk。
结语
未来有了空中出租车,终于不用怕堵车了,期待!

 

Lilium公司的空中出租车Lilium Jet

English version

Advances in electric vehicles, battery technology and autonomous driving software have triggered an explosion in the field of flying cars. The world's major technology capital giants have invested in the field of flying cars. In less than two years, Lilium, a German technology company that invested $90 million by investment companies such as Tencent, completed the development of an all-electric six-seat car in the first 30 people and now a team of 300 people. Recently, the first test flight was achieved. In a video provided by the company, you can see Lilium's flying car take off vertically like a helicopter, hover briefly, and then land (see the picture below). This is a new achievement in the flying car industry, indicating that we may soon see air taxis in real life.
Lilium's flying car, called Lilium Jet, has 36 engines that can take off vertically, with a top speed of 300 kilometers per hour and a range of 300 kilometers. It can be driven by a pilot or unmanned. Its design is very simple, no tail, no rudder, no propellers and gearboxes. This flying car is aimed at the future air taxi market, so the design team spent a lot of thought to enhance the passenger experience, such as the panoramic window and the gull wing door. The company declined to reveal any details about the weight of the flying car, but claimed that it can carry five passengers and a pilot, and its payload is in the leading position in the industry.
Lilium expects that by 2025, the company's air taxis will be available on the market, providing services such as car and passengers. By then, passengers can book an air taxi and depart from a special apron to experience an air short trip of about an hour.
Industry analysts commented that Lilium's current development of the flying car is now more advanced than other competitors. Other companies are also working hard to launch their own flight taxi service, with four typical representatives:
Airbus's latest Vahana prototype, Alpha One, successfully completed its first test flight in February 2018. In the test flight, the all-electric self-driving flying car reached a height of 5 meters after taking off vertically, stayed in the air for 53 seconds, and then returned safely to the ground.
Detroit-based startup AirSpaceX is another company that is trying to bring taxis to the sky. The company promises to deploy 2,500 flying cars in the 50 largest cities in the United States by 2026. In early 2018, AirSpaceX demonstrated its latest prototype Mobi-One at the North American International Auto Show. This flying car is designed to carry two to four passengers and can take off and land vertically. The company said that in addition to passenger and cargo services, the aircraft can also be used for medical and casual evacuation, as well as tactical intelligence, surveillance and reconnaissance (ISR).
Investors led by Toyota and Intel invested $100 million in Joa Aviation, a California-based startup that will use the company's "megadrone" to develop the company's "megadrone" Powered by lithium-nickel-cobalt-manganese oxide batteries, the design specification is 321 km per hour. The Joby S2 prototype has 16 electric propellers, 12 of which are used for vertical take-off and landing. After the launch, the 12 propellers are retracted and glided like an airplane.
Larry Page, CEO of Google's parent company, Alphabet, has invested millions of dollars in his own name for two start-ups, Zee Aero and Kitty Hawk.
Conclusion
In the future, there will be a taxi in the air, and finally you don’t have to worry about traffic jams.

日本語版

電気自動車、バッテリー技術、および自動運転ソフトウェアの進歩により、飛行中の自動車の分野で爆発的な爆発が引き起こされました。世界の主要な技術資本大手は、フライングカーの分野に投資してきました。 2年足らずで、Tencentのような投資会社によって9000万ドルを投資したドイツのテクノロジー会社、Liliumは最初の30人、そして今では300人のチームで全電気式6人乗り車の開発を完成させた。最近、最初の試験飛行が達成されました。同社が提供するビデオでは、Liliumの飛行車がヘリコプターのように垂直に離陸し、しばらくの間ホバリングしてから着陸するのを見ることができます(下の写真を参照)。これはフライングカー業界における新たな成果であり、私たちがまもなく実際の生活の中で航空タクシーを見ることができることを示しています。
Lilium Jetと呼ばれるLiliumの飛行車は、時速300キロメートルの最高速度と300キロメートルの範囲で、垂直に離陸できる36個のエンジンを搭載しています。それはパイロットによって運転されるか、無人であることができます。そのデザインは非常にシンプルで、テール、ラダー、プロペラ、ギアボックスはありません。この空飛ぶ車は将来の航空タクシー市場を狙っているので、デザインチームはパノラマの窓やカモメの翼のドアなどの乗客の経験を強化するために多くの考えを費やしました。同社は飛行中の車の重量に関する詳細は明らかにしなかったが、5人の乗客と1人のパイロットを乗せることができ、その積載量は業界の主導的地位にあると主張した。
Liliumは、2025年までに同社の航空タクシーが発売され、自動車や乗客などのサービスを提供するようになると予想しています。それまでに、乗客は約1時間の空の旅を体験するために航空タクシーを予約して特別なエプロンから出発することができます。
業界アナリストは、Liliumの現在のフライングカーの開発は他の競合企業よりも進んでいるとコメントしています。他の会社も4つの代表的な代表者と共に、彼ら自身のフライトタクシーサービスを始めるために一生懸命働いています:
エアバスの最新のVahanaプロトタイプであるAlpha Oneは、2018年2月に最初の試験飛行を無事に完了しました。試運転では、全電気式自走式飛行車は、垂直離陸して5メートルの高さに達し、53秒間空中に留まり、その後無事に地上に戻った。
デトロイトを拠点とする新興企業AirSpace Xは、タクシーを空にしようとしているもう1つの会社です。同社は2026年までに米国の50大都市に2,500台のフライングカーを配備すると約束している。 2018年初頭、AirSpace Xは北米国際自動車ショーで最新のプロトタイプMobi-Oneを展示しました。この飛行車は2人から4人の乗客を運ぶように設計されており、垂直に離着陸することができます。同社は、旅客および貨物サービスに加えて、航空機は医療および一般の避難、ならびに戦術的な情報収集、監視および偵察(ISR)にも使用できると述べた。
トヨタとインテルが主導する投資家は、同社の「メガドロン」を開発するためにカリフォルニア州を拠点とするスタートアップ、Joa Aviationに1億ドルを投資した。リチウムニッケルコバルトマンガン酸化物電池を搭載し、設計仕様は時速321キロです。 Joby S2の試作機には16基の電動プロペラがあり、そのうち12基は垂直離着陸に使用され、打ち上げ後は12基のプロペラが飛行機のように引き込まれて滑空します。
Googleの親会社であるAlphabetのCEOであるLarry Pageは、2つの新興企業Zee AeroとKitty Hawkのために、彼自身の名前で数百万ドルを投資した。
結論
将来的には、空中にタクシーがあるでしょう、そして最後にあなたは交通渋滞について心配する必要はありません。

(图/文编译:飞行汽车 www.flycar.com.cn)
声明:未经原创作者飞行汽车网允许不得转载本文内容,否则将视为侵权,本站依法保留追究权!

分享到:
友情链接
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号 违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn
© 2005 - 现在 飞行汽车网 苏ICP备19013935号
违法和不良信息举报:jubao@flycar.com.cn